follow me

Windowsでもループバックインターフェース

WindowsWindowsにも、UNIX系OSの様にループバックインターフェースがありました。
ハードウェアの追加で、Microsoftの「Microsoft Loopback Adapter」を追加する事で作成出来ます。
これで、NICが追加されます。
IPは、127.0.0.1が割り当てられる訳ではなく、自分でIPを振らなくてはいけません。。。

使い道は。。。わからないです。。。

follow me

WindowsでのiSCSIはどうなのか?

WindowsLinuxでのiSCSI Targetでうまくいかないので、Windowsではどうなのかを試してみました。
WindowsでのiSCSI Initiatorは、Microsoft iSCSI Software Initiatorを利用すればいいわけですが。
iSCSI Targetはどうしようかと探してみたところ、StarWindなるモノがあるようです。
導入自体は何も書く事はありません。さすがWindowsです。
また、DDS3 Tapeドライブも問題なくTargetに登録でき、外部端末からNTBackupも問題なく成功。
登録する時に「SPTI device」を選択することで、接続されているドライブなら公開できそうな感じでした。



follow me

チーミングやってみよう

WindowsIBM x305にBroadcomのNICが2個、せっかくなのでチーミングやってみました。
Broadcom社製のNICを使用してチーミングを行うには、「Broadcom Advanced Server Program」が必要との事で、Broadcom社のページをひたすら探したものの見つからず。
それぞれ、使ってるサーバのベンダーのサイトからダウンロードするしかなさそうです。

とりあえず、ダウンロードしてきたものをインストール。


どうやら、SNMPやらやらいろいろ有りますが、まぁ今回はチーミング構成だけしてみました。 インストールするとコントロールパネルにアイコンが作成されているので、ぽちっと起動。 メニューの「Tools」から「Create a Team」を選べば後はYesマンになればチーミングが構成できてしまう。




う~ん、Windowsではチーミング設定も簡単だな~。
あまりに簡単すぎて拍子抜け。。。
follow me

Windows2003 SmallBusinessServer

WindowsせっかくMSDN持ってる訳だから、Windowsもいじろうではないか。
って気分転換に「Windows2003 SmallBusinessServer」入れてみた。
実験機は、IBM xSeries 305(Pen4 2.0G)スペックはそこそこなはずが。。。
なぜかインストールに2時間。。。

時間はかかったものの、なんとかインストール完了。(時間がかかった理由がよくわからんが)
さてさて、まずはチーミングやってみよう。
次は、ActiveDirectoryとSFU使って認証サーバ作ってみよう。
Microsoft Exchange Serverってどんなもんだ。
Windows SharePoint Servicesはどうだ。
久々のWindowsは、ちょっと楽しいかもw

follow me

リモートでもローカルコンソール!

Windowsリモートデスクトップでは、使用できないアプリケーションがたまに存在する。
特にVMで検証している時に、リモートで導入できないなど結構面倒である。
こんな時、以下の様にリモートデスクトップを起動すると、ローカルコンソールを開く事が出来る。
これで、リモート禁止プロダクトも怖くない。
ちなみに、ローカルで作業している人がいたら、にやり。試してみてくださいw
C:>mstsc /v:ホスト名 /console
follow me

Longhorn入れてみた

Windows次期Windows Server OS Longhorn入れてみたわけですが、何なんだこれは...
今までと画面がまったく違うじゃないか、使いにくそうに思う...
裏にVistaが見え隠れするのは...画面が思った以上に重すぎる。
これは、鯖機にもDirectX対応グラボを乗せろとの事なのか...
次期Windows鯖OSは何を見ているのだろうか。IPv6が標準で動いちゃってるし、
まだまだIPv6でネットつなぐには早いような気もするが、それともそろそろIPv6時代が来るのかな。

NFSサービスが標準であるのは便利かも。
ADとDNSが区別されたのかな、別々に導入できるみたいだ。
Active Directory Lightweight Directory Services(AD LDS)ってなんだ?

かなり変わってていろいろ試すと面白いかも、でもまだ2003 R2でいいかな。

follow me

runasコマンド

WindowsUNIX系OSではroot権限の欲しい時にsuで切り替えますが、Windowsでは、runasコマンドで同等の事が実現できます。
runas /user:administrator cmd.exe
UNIX系OSのsuコマンドよりsudoコマンドに近いイメージです。