follow me

一足先にRaspberry Pi 3 開封式

話題のRaspberry Pi 3(RS製)を入手してみました。
まだ日本国内での発売は開始されていませんが、海外では入手可能となっています。
日本国内での販売が遅れているのは、技適関係ではないかとも考えられるが、技適は既に通過しており、本当の処どこで詰まっているのか気になる処ではある。

一足先に入手したRaspberry Pi 3の開封式を行います。
起動自体は、電波シールド環境で行う為、別途記載とさせて頂き、まずは開封の模様を記載します。



本体開封の前に、Officialな電源アダプタについて記載しておきたい。
今回から、電源が5V 2.5Aとなった事で、その辺に転がっているアダプタでは使用できなくなった点には注意が必要である。この事自体は既に騒がれているのでご存じだとは思うが、後述する最低2Aの記載もある事から、あまり適当なアダプタの使用は避けた方が安全という事が考えられる。
もちろんUSBケーブルが2.5A対応しているかという問題も絡むので、Officialな電源アダプタも一緒に買う事をお勧めする。(実際どうなのかは今週末に試していく予定)


アダプタコネクタは、各国タイプを差し替えて使用する形となっている。
Raspberry Piが世界で売れている事を考えれば、あるべき姿と言えるだろう。
アダプタ本体もさほど大きくないので一安心。


日本での使用も考えて作成していたアダプタなのか、ラベルの右下に「______株式会社」という文字が見える。
「Made in China」なのでRaspberry Piだけをターゲットとしている訳ではないのではないだろうか。(あくまで推測ではあるが)


今まで純正ケースは使用した事が無かったのだが、今回初めて買ってみました。
Raspberry Pi 2の純正ケースを持っていないので、変更があったのか確認はできない。(だれかの確認を待つ予定、はんだづけカフェとかで持ってる人が居ればその場で比較してみるのもありか)
思ってたよりもケースは使いやすそう。



純正ケースは、はめ込み式のネジ無しタイプ。
カラーはブラックと、今回入手した白の2種類が存在。
この色はRaspberryっぽくていいですね。


LED箇所もちゃんと作成されています。
安いものだと穴を開けただけ、完全に透明の物を嵌めている物が多く、この感じは好感が持てます。



では、お待ちかねの本体開封。
この記載はかなり注意が必要そうです。
「最低電流2Aの外部電源」、最高2.5Aで大丈夫だろうとの予想だったので、2A最低と言われると使えるものが一気に減ります。
基本最高2A(2.1A)なアダプタが流通しているので、ここが実際にはどうなのかを早く確認する必要がありそうです。



いつも通りの、紙一枚と本体のみの構成。
パッケージサイズもRaspberry Pi 2と同じ。


既に至る所で本体画像はアップされているので、起動確認した際にRaspberry Pi 2との比較画像を上げたいと思います。




まだ日本国内で無線機能を使用できないので、既に入手されている方は注意してください。
適切な環境で電波法を守った上でのハックを愉しみましょう。


[2016/03/10 15:30 追記]
Raspberry Pi 3で純正ケースを買った方が良い可能性が高い事が判明したので、追記。
注意すべきは電源だけじゃないRaspberry Pi 3
一足先にRaspberry Pi 3 開封式 | 1 件のコメント | アカウント登録
サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。
That's way more clev
投稿者: Cade on 2017年4月14日(金) 08:12 JST
That's way more clever than I was execgtinp. Thanks!