follow me

IBM Think Japan 2018 Developer DayでIBM Qの冷却器みてきた

IBM Think Japan 2018 Developer Day (2018/06/11)
年に1度開催されているイベントで、IBM XCITEだったりWatson Summitという名前だった事もあるイベントですが、名前が点々としているので解りにくくなってしまった。
昨年は招待コードが無いと有料という事で完全にビジネスに寄ってましたが、今年は一般に広く開放された日が1日用意されました。
2日目からはBusiness and Solution Dayという事で、昨年と同じ様な位置づけでしょうか。
IBMの仕事に直接的に関わってないので、一般参加可能なのは個人的には嬉しいかぎりです。(元の仕事の繋がりで招待コードは入手できそうではあるが、少し違うんですよね。


で、IBM Qの冷却器みてきました。
follow me

IBM Summitと書くと何がなんだかわからなくなるSummit

IBM SummitでIBMが久々に返り咲きしましたね。
Summit Up and Running at Oak Ridge, Claims First Exascale Application
画像検索したら、イベントの方が出てしまうのだがw


HPCな世界では独占していたIBMだったのに(どこかが1位とったと思ったら次には巻き返してタイミング狙ってるだろ。。。と思っていたのだが)、永らくランクから遠のいていたIBMが帰ってきた。
帰ってきたなんて表現は「ちがうんだっ!」と云われそうな気もするが、やっと帰ってきたかIBM。という印象が強い。(Summit自体は2015年?から計画進んでた。)
TOP500で最後に首位をとっていたのは、2012年?「Sequoia」なのかな?
永らくIBMのいやらしいぐらいに爽快な首位獲り返しを見ていなかったので、どこかが首位とったと思わせて獲り返すのを見たかったが、あまりニュースも見ないまま返り咲いたとTwitterで見てしまった。。。
ここからまたIBM独走が始まるのか一発で終わってしまうのか。IBM Power 9の実力を見よっ!と伸びてくればいいな。


よく読んでないのだが、IBM Power 9のNVLink 2.0を上手く使った成果なんだろうか?
IBM Power 9とNVIDIA Tesla V100の組み合わせとの事だけど、その辺はHPC寄りな人が熱く語ってくれるだろうから、その辺はほっておいて。(HPC分野はほんとよく解らん。)
僕らの憧れIBMが帰ってきたと素直に喜んでおこう。


記事がまだあまり出てないな。。。
Summit : 世界で最もスマートなスーパーコンピューター
The most powerful computer on the planet
Siting Sierra: Lawrence Livermore’s newest and fastest supercomputer is taking shape
米製スパコン、最速に返り咲き IBMが中国製抜く

このIBM Summitのラックデザインのラフ画をどこかで見た記憶があるのだが、思い出せないな。
IBMのデザイナーとかのBlogか何かだと思うのだが、はてさて見つかりません。
follow me

絵師100人展08 みてきた

秋葉原で開催中の「絵師100人展」を今年も見てきました。
もうGWお馴染みになりましたね。
初回開催時は、産経新聞社がこんなのやるんだ!と話題にもなりましたが、産経新聞社の名前が表に出てこなくなりましたね。
もう恒例になったサインボード。
たぶん2回目か3回目ぐらいからあるのだとは思うのだけれど。

follow me

技術書典4、薄い本仕入れてきた

技術書典4、薄い本仕入れてきました。 変な集まりだなぁ。と思います。
ちょっと人多すぎてゆっくりできない感。
ちょっと人多すぎて入手できない感。
まぁ仕方ないね。
コミケで慣れてる人は問題ないんでしょうね。。。僕はちょろちょろと気になったのを仕入れてきました。

follow me

理化学研究所 一般公開(2018) 見てきましたよ

4/21(土)に「理化学研究所 一般公開」があったので、見てきました。
家から30分程歩けば行けるので、毎年行く様にはしています。


「菖蒲」が公開中止になったので、「北斎」だけの公開となってしまいましたが、昨年導入されたHOKUSAI BIG WATERFALLが見れたので満足。
「菖蒲」の公開中止で行かなかった人も多かったのではないかと予想はしているものの天気が良かったのでそれなりに人は来ていた模様。
follow me

ヱビス様

ヱビス様。
ありがたや、ありがたや。


follow me

卒業。引継は万全ですか?

※退職エントリではありません。(ネット上での退職記事が多いので念の為。)

今日は年度末 3/31、今日が最後で退職という方が多い日です。
既に有給消化で仕事を実質していなかった方、昨日まで仕事してたよという方、土日も無かったよという方、今日も仕事だよっ!という方。
残る人となった人、去る人となった人、残される人となった人、去る事が出来なくなった人。
様々な状況とは思いますが、卒業される方、卒業おめでとうございます。(めでたいかどうかは人それぞれだとは思いますが)


最終日の方々に聞いてみたい。
引継は万全ですか?

ITとか言われる事の多い業界、担当が1人しか居ない状態が多くみられるこの業界、退職にともなる引継は困難を極めるケースが多くみられる。
場合によっては、来週から居ませんよというケースまである始末。
引き継いだのは、資料の一部で全体が揃ってないとかいうケースもちらほら。
僕も10年以上この変な業界に居れば、人に引き継いだ事も、人から引き継いだ事も、聞いてないけど担当に変わってたとか色々ある訳ですが、まともな引継が行われているのをみるのは数少ない。
数少ないというのは、そもそもプロジェクトの切れ目や、長期間かけて退職に向かうケースが多いので、引継で引継ぐものが無い様にそもそも普段からしているケースがあるからともいえる。(そんなケース見た事ないという方も多そうではあるが。)


今回、引継は万全ですか?
としたのは、引継先に引き継いだのか?という話ではなく、引継先ではなく、それ以外への根回しは万全か?というのを聞いてみたい。
引継ぐ先が存在する場合、引継は行っているだろうと思われるが、引継先以外への引継はどうだろうか?
引継先以外への引継先の通達。(退職の挨拶をかねて行われる事も多いので、多くの場合は実施しているのだろう)
引継先以外への連絡が徹底できていない場合、引継ぎしなかったとみなされるケースが存在するので注意が必要だ。
ここまでは、一般的に退職時の引継で行う事が多いのでトラブルは起きにくい。


ここからが破綻しているプロジェクトでの引継でみられる。
担当していた範囲の意識合わせ。普通はプロジェクトで意識は大まかには合っている事が多いが、ずれているケースが稀に存在する。
場合によっては、「退職した会社の範囲ではないから知らない」という回答を続けるケースも存在する。
「本当に退職したのか?」「本当に新しい会社に行っているのか?」と聞かれ続けるケースも存在する。
「メールしてるんだけど?」と電話されても何処の会社の誰に送ってるのかが解らないケースも存在する。
引継先に引継ぐだけでなく、引継先ではない先への引継は重要。ここが甘いと双方面倒でしかない。
退職した人のイメージも悪いし、退職した人に毎日聞き続ける人のイメージも悪い、引継先の人のイメージも悪くなる。
一番迷惑をこうむるのは、その先の客だったりする。(客の方が変だった?そのケースもあるかもしれないが。。。)


引継範囲内の事、引継範囲外の事、引継先への引継、引継先以外への引継、は万全ですか?万全でしたか?
みなさん引継での、良かった引継方、悪かった引継方、引継時のトラブルでの解決法、引継後のトラブルでの解決法、知りたい事なのではないのだろうか?(僕は知りたかった)
引継期間が延長された状況の人は、引継先以外への引継にも注意してみてはいかがでしょうか。
follow me

-400円で入手できるMACアドレス

-400円でMACアドレスが1個買える。

100円で買えて、初回注文時に500円割引してくれるから実質-400円でMACアドレスが買えるとか不思議ですね。
ジャンクなNICを買ってきて使う様な奴じゃなくてもっと新鮮なヤツですよ。
買い逃した人は、次回があるのかわかりませんが100円セールの時にどうですか?
たまに絶対にかぶらないMACが欲しい事ってありますよね?
follow me

New Vostro 15 3000(3568)、買った、触った、どうしよう

New Vostro 15 3000(3568)が19,800円で買えてしまうセールに吊られました。
「New」ってなんやねん。紛らわしいねん。型番数字変えてくれ。
正確には配送料が掛って21,578円なのですが。
勿論、1年間 オンサイトサービス (6営業日9-17時)が付いてこの値段でノートPCが買えてしまう時代になってしまったのですね。
CeleronR 3865Uとはいえ第7世代なので、5年以上前のものより俄然速い。。。

follow me

OSC2018 Tokyo/Spring 行ってきましたよっと

02/24(土)にOSC2018 Tokyo/Spring行ってきましたよっと。
知ってる人余り居なかった。
ブームも過ぎた感は否めない。


戦利品もちょっぴり。