follow me

Planex VR500、OpenWrt trunk (kernel 4.4.14)で起動

続いてのPlanex VR500ネタです。
OpenWrt trunk (kernel 4.4.14)で使用できる様に準備。


OpenWrt trunk (kernel 4.4.14)用のパッチになります。
OpenWrt本家へもパッチ投稿済みになります。
VR500_trunk_r49928.patch

リブート時に再起動できない問題が存在します。
VR500に搭載されているSPI Flashは4byte modeで使用するのですが、再起動時に3byte modeに戻っておらず、起動できない状態が発生します。
SPI Flashの4byte modeからの復帰に関する問題修正については、投稿したパッチには含めていません。
既に既知の問題であり、マージされない状態が長く続いているというモノです。
とりあえずは、以下パッチも当ててビルドする様にして下さい。
ramips-reset-m25p80-when-shutdown.patch


ビルド済みバイナリも張り付けておきます。
openwrt-ramips-mt7621-vr500-initramfs-kernel.bin
openwrt-ramips-mt7621-vr500-squashfs-sysupgrade.bin


VR500については、こちらの記事も参照下さい。
Planex VR500、2コア4スレッドでOpenWrtを動かす。
follow me

Planex VR500、2コア4スレッドでOpenWrtを動かす。

Planex VR500でOpenWrt 15.05.1を動かす。


Planex VR500のハードウェアスペックは、OpenWrtで遊ぶには嬉しい構成となっている。
SoC MT7621A(2コア4スレッド)、RAM 256MB、Flash 64MB。
root@OpenWrt:/# cat /proc/cpuinfo
system type             : MediaTek MT7621 ver:1 eco:3
machine                 : Planex VR500
processor               : 0
cpu model               : MIPS 1004Kc V2.15
BogoMIPS                : 577.53
wait instruction        : yes
microsecond timers      : yes
tlb_entries             : 32
extra interrupt vector  : yes
hardware watchpoint     : yes, count: 4, address/irw mask: [0x0ffc, 0x0ffc, 0x0ffb, 0x0ffb]
isa                     : mips1 mips2 mips32r1 mips32r2
ASEs implemented        : mips16 dsp mt
shadow register sets    : 1
kscratch registers      : 0
package                 : 0
core                    : 0
VCED exceptions         : not available
VCEI exceptions         : not available
VPE                     : 0

processor               : 1
cpu model               : MIPS 1004Kc V2.15
BogoMIPS                : 439.91
wait instruction        : yes
microsecond timers      : yes
tlb_entries             : 32
extra interrupt vector  : yes
hardware watchpoint     : yes, count: 4, address/irw mask: [0x0ffc, 0x0ffc, 0x0ffb, 0x0ffb]
isa                     : mips1 mips2 mips32r1 mips32r2
ASEs implemented        : mips16 dsp mt
shadow register sets    : 1
kscratch registers      : 0
package                 : 0
core                    : 0
VCED exceptions         : not available
VCEI exceptions         : not available
VPE                     : 1

processor               : 2
cpu model               : MIPS 1004Kc V2.15
BogoMIPS                : 580.40
wait instruction        : yes
microsecond timers      : yes
tlb_entries             : 32
extra interrupt vector  : yes
hardware watchpoint     : yes, count: 4, address/irw mask: [0x0ffc, 0x0ffc, 0x0ffb, 0x0ffb]
isa                     : mips1 mips2 mips32r1 mips32r2
ASEs implemented        : mips16 dsp mt
shadow register sets    : 1
kscratch registers      : 0
package                 : 0
core                    : 1
VCED exceptions         : not available
VCEI exceptions         : not available
VPE                     : 0

processor               : 3
cpu model               : MIPS 1004Kc V2.15
BogoMIPS                : 586.13
wait instruction        : yes
microsecond timers      : yes
tlb_entries             : 32
extra interrupt vector  : yes
hardware watchpoint     : yes, count: 4, address/irw mask: [0x0ffc, 0x0ffc, 0x0ffb, 0x0ffb]
isa                     : mips1 mips2 mips32r1 mips32r2
ASEs implemented        : mips16 dsp mt
shadow register sets    : 1
kscratch registers      : 0
package                 : 0
core                    : 1
VCED exceptions         : not available
VCEI exceptions         : not available
VPE                     : 1
USB 3.0とUSB 2.0を搭載。(最近のハイエンド機種はUSB 3.0が1個だけ付いている機種が多い中、USB 2.0も搭載しているので、片方をストレージ、片方を別で利用できるという嬉しい構成)
また、最近日本メーカーでは減ってしまったメタル筐体仕様。
無線非搭載モデル。(OpenWrtで愉しむには日本ではかなり重要。これならいろんな処で発表したりするにも変な説明が必要なく便利。)

今回は、SPI Flashの安定化を図る為、少し大きなパッチとなっている。
VR500_r49404.patch
SPI Flashのドライバに手を加えているのみで、後は素のChaos Calmerになります。

ビルド済みバイナリも張り付けておきます。
(initramfs-kernel.binは、Flash書き込み用の踏み台と考えてください。純正ファームウェアの管理画面で流し込めます。)
openwrt-ramips-mt7621-vr500-initramfs-kernel.bin
openwrt-ramips-mt7621-vr500-squashfs-sysupgrade.bin

OpenWrt trunk、LEDEのパッチは近日公開予定です。
動作は確認できており、パッチ投稿準備中です。

みんな、既に気になっていると思いますので、ぱかっとなぁ。いきます。
follow me

ラズベリーパイ3 ACアダプタセットが販売開始された。

いつ始まったのか見逃してました。
RSオンライン(日本)で、ラズベリーパイ3 ACアダプタセットが販売開始された模様。
安心の公式電源アダプタが、やっと扱い開始ですか。
御一人様1台限りとなっているので、まだまだ数は入れてないのかな。
お値段は、6,120円。電源が付いての値段なので一番安いと言っていいのかもしれない。
電源は別を使いたい場合は、秋葉原で買った方が安いというのが正直な処だろうか。
Raspberry Pi 3 Bモデル単体での小売りはまだ始まらない様なので、その時にどれぐらいの値段になるのかが気になる処。
follow me

2016年夏、北への旅(後半)

思いつきで出た旅、ほんとモグモグしてる旅。
08/11(木)~08/15(月)の間の後半戦。
函館から青森への戻りはフェリーにしてみました。
青函フェリー。
五稜郭駅から、フェリー乗り場まで30分程歩くので、こちらもあまり扱いやすいとは言い難い。

follow me

2016年夏、北への旅(前半)

思いつきで、08/11(木)~08/15(月)の間、北に旅に出ました。
今回は18切符ではなく、北海道&東日本パスを使いました。
連続7日間使えて、10,850円という東日本より北に限定するのであれば、18切符よりもお得感が満載です。
しかも3セクで利用可能な区間が、18切符よりも広い。

注意する箇所は、購入時に使用期間を決めてしまう点だろうか。
任意の連続7日間とはいかないので、直前に購入するか、事前に計画して購入するかしないといけない。
僕は思いつきで、前日の夜に購入した。

follow me

秋葉原ぶら歩き(35週目)

毎週の様にぶらぶらしている街、秋葉原。
2016/09/03(土)、ぶらぶらした戦利品記録です。

OpenWrtと戯れる為に、秋葉原には出ず。
久々に沼にどっぷり漬かった週末を過ごした。
follow me

『グッドスマイルカンパニー 15周年記念展示会』見てきた。

グッドスマイルカンパニー 15周年記念展示会 見てきました。
開催は、2016年09月04日(日)までとの事。

一番の目的はこれでした。
初音ミク | iDoll | 手のひらサイズのロボットドールが動態展示されてるのを見に行ってきました。
動いている処を見れる機会は少ないので、まだ見てない方は是非に。
常に踊っている訳ではないので、しばらく眺めてるといいかも。

ミクさんと、タチコマがいっぱいいました。
一部撮ってきた写真をぺたぺた。
follow me

変化朝顔日記(2016/08/30) 毎日咲いてます。

毎日続けて咲いてくれてます。
今年はまだ8月というのに涼しい日も出てきているので、いつまで咲いてくれるかは解りませんが、あとしばらくは愉しめそうです。

follow me

秋葉原ぶら歩き(34週目)

毎週の様にぶらぶらしている街、秋葉原。
2016/08/28(日)、ぶらぶらした戦利品記録です。

インバース
WSR-1166DHP2が値崩れしてますね。
税抜2,000円。
OpenWrtは稼働確認済みなので、とりあえず1台確保。(開封しなくても書換え可能。)

follow me

変化朝顔日記(2016/08/27) 今日は3つ咲いた

色が分かれたお気に入り。
今日は2つ咲きました。理研は1つ。