follow me

2016年年末帰省の旅

年末の帰省は、ぶらり旅をするのが恒例な訳で、今回も北陸経由で帰省しました。
北陸は、新幹線開通の影響でJR路線の大部分が3セクに変わってしまったので、18切符で行くにはお得感が失われてしまったのですが、冬の北陸は美味しい物が多いので外したくない。
移動時間と3セク区間の交通費を考えて、ほくほく線経由での富山入り経路をとりました。

いつも恒例の駅弁を愉しむのは、ほくほく弁当から始まり。
上州かゆ弁当を逃しただけなんですがね。

follow me

秋葉原ぶら歩き(51週目)

毎週の様にぶらぶらしている街、秋葉原。
2016/12/23(金)、ぶらぶらした戦利品記録です。

つくもたん ex.
いつものホワイトボード。
廻りはクリスマス。

follow me

PQI Air Pen、OpenWrt化(未開封編)

PQI Air Pen、OpenWrt化を未開封で行う方法です。
ファームウェアを書き換えた場合、サポートの対象外となります。また、ファームウェアを書き換えた状態での電波出力は電波法違反となります。
ファームウェア書換えは、自己責任とご認識下さい。


2016/12/23 1:00時点で、ntt-xにて再度税込980円なった様なので、みなさん3枚買ってみてはどうでしょうか?
PQI Air Pen 6W41-0000R2 ホワイト
PQI Air Pen 6W41-0000R1 ブラック


で、未開封でのOpenWrt化ですが、100%書換えを保障するものではないので、失敗し文鎮化したとしても、自己責任とご認識下さい。
follow me

秋葉原ぶら歩き(50週目)

毎週の様にぶらぶらしている街、秋葉原。
2016/12/17(土)、ぶらぶらした戦利品記録です。

秋月電子
RaspberryPi 2 v1.2、5,000円
v1.2でどうなったのかだけの為に入手。
正直RaspberryPi 3の方が安かったりしたりもするので、買うメリットが感じられない。

follow me

PQI Air Pen、OpenWrt化(開封編)

PQI Air PenのOpenWrt化について、未開封での書換え手順は別途記載するとして、先に開封した状態での書換えを纏めておきます。
u-bootから書換えるというお話です。


OpenWrt化用のパッチとバイナリ。
PQIAirPen_trunk_r50015.patch
openwrt-ar71xx-generic-pqi-air-pen-squashfs-sysupgrade.bin
無線については、日本国内で出力を行った場合、電波法違反となります。
また、ファームウェアの書換え、分解等は、メーカーサポートが受けれなくなる為、自己責任となります。
ファームウェア書換えは自己責任である旨ご理解下さい。
follow me

PQI Air Penからシリアルを引き出す。

u-bootにアクセスする為に、とりあえず分解しました。
バッテリー搭載モデルなので分解時にバッテリーを傷付け無い様注意してください。
ケース自体は、超音波溶着なので、カッター等でぺりぺりと剥がすしかないです。
一度開封すると戻せないので、戻せない事を考えた上で開封する事になります。
バッテリーを傷付けて爆発したとか責任とれないので、すべて自己責任とご理解下さい。

follow me

PQI Air Pen、980円で買えるバッテリー搭載Linuxスティック

PQI Air Penがntt-xで980円で買える状態になりました。
バッテリー搭載なので、そろそろ出すしかないといった処なのでしょうか。
搭載SoCはAR9330と、世代落ちではありますが、ハックしやすいSoCでもあります。
始めからtelnetが起動しているので、ファームを書き換えず、かつ電波法に影響しないハック方法を利用できるデバイスだったりもします。
あくまで、電波特性に影響のないハックですが。

在庫は豊富にあるっぽい。のですが、値段が戻ってしまいました。
バッテリー搭載機なので、また値下がりするのではと期待しています。
最安で買えた人も買えなかった人も、ハックを愉しみませんか?
ワイヤレスアクセスポイント Air Pen (ホワイト) 6W41-0000R2
ワイヤレスアクセスポイント Air Pen (ブラック) 6W41-0000R1



OpenWrt対応はのんびりやっていきます。
とりあえず、開封についてを先に書きます。
follow me

秋葉原ぶら歩き(49週目)

毎週の様にぶらぶらしている街、秋葉原。
2016/12/10(土)、ぶらぶらした戦利品記録です。

パソコン工房 アウトレット館
29インチウルトラワイドの液晶を買うか悩んで2時間、何故か別の物をかってました。
25インチウルトラワイド、税込12,960円
29インチと解像度が同じだから25にしてしまった。29インチがもう少し解像度高かったら29インチ買ったんだけど。

follow me

秋葉原ぶら歩き(48週目)

毎週の様にぶらぶらしている街、秋葉原。
2016/12/03(土)、ぶらぶらした戦利品記録です。

イオシス
前々から欲しかったiPad Air。2万を切ったので購入。
2万ちょいがしばらく続いてたので、しばらく待ってました。
B級品でボタン等反応しない場合は初期不良扱いで、19,800円。
バッテリーはもちろん保障外。
Androidタブでもいいんだけど、iOS使いやすいんですよね。。。

follow me

CS-QR10は安価なLinuxBoxなオモチャ。

CS-QR10のOpenWrt化は既に書いた事もあるのですが、カメラが使用できる様になったので再度紹介。
 
久々にOpenWrtネタです。
CS-QR10自体は、既にOpenWrt、LEDEでサポートされていますが、カメラから画像の取得も出来ました。

これで、真面目にカメラとして利用できます。
Amazonで買える手頃なオモチャとして今回紹介したいと思います。
とりあえず買い易い様にAmazonのリンク貼りましたw

ここからが本題。
CS-QR10のカメラ動作はOpenWrt、LEDE、共に確認しました。
CS-QR10のメインSoCはMT7620A、カメラはSONiX SN9C291、サウンドはwm8960。
本体はこんな感じ。