follow me

秋葉原ぶら歩き(10週目)

毎週の様にぶらぶらしている街、秋葉原。
2016/03/12(土)、ぶらぶらした戦利品記録です。

千石電商
goot YP-10 精密プライヤー(持ってた精密プライヤーが錆びついてて買い替え)

follow me

MZK-WDPRのOpenWrt化と注意点

「かんたんインターネットラジオ|MZK-WDPR-R01」のOpenWrt化ですが、パッチがOpenWRT trunkに入りました。
https://dev.openwrt.org/changeset/48968/

OpenWrt化にあたり注意点もあるので、状況理解したうえでハックをお愉しみ下さい。
OpenWrt化についてはあくまで自己責任のもと行ってください。メーカー等に問い合わせない様お願い致します。
また、OpenWrt化すると技適の問題が発生します。日本国内で電波を出力する事による問題、トラブル等は自己責任と理解ください。(電波法は守った上でハックを愉しみましょう。)

follow me

注意すべきは電源だけじゃないRaspberry Pi 3

海外からの購入勢が手元に届き始めたRaspberry Pi 3ですが、日本国内での無線利用、電源の2.5A仕様のほかにも注意すべき点が存在しました。

意外と騒がれていないmicroSDカードスロットのパーツが変更されている件。
カチッとロックされないタイプ(Raspberry Pi Zero)と同じものに変更されています。

何故この様な事に注意が必要かというと、Raspberry Pi 2のケースを流用しようとしている人には大きな問題が出る事がある為です。
刺したmicroSDが出せないケースが存在するのです。
再度押せば出てくる事を想定し、microSDがケースに収まる設計をされたケースが多数存在していたので、それらでRaspberry Pi 3を使用した場合、microSDが取り出せなくなるのです。
純正のRaspberry Pi 3のケースでは、以下画像の様にmicroSDが取り出せます。(Raspberry Pi 2の頃の純正ケースは所有していないので、今回のケースからの仕様かは不明)

follow me

一足先にRaspberry Pi 3 開封式

話題のRaspberry Pi 3(RS製)を入手してみました。
まだ日本国内での発売は開始されていませんが、海外では入手可能となっています。
日本国内での販売が遅れているのは、技適関係ではないかとも考えられるが、技適は既に通過しており、本当の処どこで詰まっているのか気になる処ではある。

一足先に入手したRaspberry Pi 3の開封式を行います。
起動自体は、電波シールド環境で行う為、別途記載とさせて頂き、まずは開封の模様を記載します。

follow me

秋葉原ぶら歩き(9週目)

毎週の様にぶらぶらしている街、秋葉原。
2016/03/05(土)、ぶらぶらした戦利品記録です。

ラジオデパート - 家電のケンちゃん
FM音源チップ。YMF2818-D。

follow me

RSさんでRaspberry Pi 3購入可能状態に

RSコンポーネンツさんでRaspberry Pi 3 Model B SBC (Bulk)が購入可能状態になった様です。(2016/03/03 9:00時点)
ただし、購入単位は150個ですがw
「一時的な在庫切れ - 2016/03/17に入荷し、その後4営業日でお届け予定」となっている為、小売りも同じタイミングになる可能性もあるのか?それとも今日ぐらいに開始されるのか?
期待が高まります。


また、詳細情報に電源についての記載があります。
やはり電源はOfficialの物が販売される形になる様です。
2.5 A電源 プロセッサ速度とオンボード接続性が向上しているため、より多くの電力が必要になります。 以前のPiボードの電源では不十分になります。 正規Raspberry Pi電源(9098126 — 白)又は(9098135 — 黒)を購入する必要かあります。

備考には、この様な記載も出ています。
ですよね。2.5Aの時点で既にUSBであってUSBじゃないですし。
正規Pi 3電源ユニットは、Pi 3ボード専用です。 この電源ユニットは汎用電源ではありません。
follow me

秋葉原ぶら歩き(8週目)

毎週の様にぶらぶらしている街、秋葉原。
2016/02/28(日)、ぶらぶらした戦利品記録です。

ソフマップ 秋葉原 リユース総合館
店頭には、Ultra320 73GB 480円(税抜)しか張り出していないが、実は147GB 980円(税抜)が在庫存在するとの事。
保守在庫に買っておきたい人は多い筈。
店頭に広告張出しが消えてしまっているので、逃したと思っている方は店員に確認してみるといいだろう。
古いサーバがまだ稼働中で保守部品が無くて困ってる等の方々がまとめ買いしている商品との事で、あまりのんびりしていると逃してしまうかもです。

follow me

RSで準備中のRasPi3用の電源はOfficial製見込み

RSコンポーネンツさんのサイトで電源は準備中となっていましたが、やはりオフィシャルのアダプタが出てくる様子です。
Raspberry Pi 3のお勧めの関連商品にアダプタが2種類登場します。
まだ詳細がみれる状態ではありませんが、既にID番号も付けられたみたいです

Official Pi 3 Power Supply Black、RS品番:909-8135
Official Pi 3 Power Supply White 、RS品番:909-8126

海外で販売開始されてアダプタと同じに見えるので、準備中となっているのは認証廻りなのだろうか。
技適以外にもCEやPSEがどうなっているかも重要な点である。
おそらく今週中にRaspberry Pi 3本体自体は販売開始されるだろうから、それまではネタが尽きそうにありませんね。

[2016/03/01 10:30 追記]
follow me

海外では販売開始されましたRaspberry Pi 3

今話題になっているRaspberry Pi 3ですが、海外では販売開始された模様です。
日本国内ではRSコンポーネンツさんのサイトが『近日発売予定』となっています。(おそらくイギリスからの4日ぐらいまでの間に販売開始となるのではないかと予想される)
サイトに『良くある質問』の回答が記載されているので、問い合わせが殺到したのではないかと予想される。
注意が必要なのは、技適は現在取得中という点である。
技適取得済みを入手したい場合は、技適取得後に購入する必要が出てくるので何時買うべきかという問題が発生する。(自分の電波法の認識はこんな感じ。間違ってるとかあればコメント頂ければ幸いです。)


RSさんで購入する場合、販売開始されたら本体と専用ケース(ケースは2色あります)をセットで購入する形になると思われる。
Raspberry Pi Model 3 B SBC
拡張ボードケース, Raspberry Pi 3 Model B, 2 B, B+ 用 ケース, ABS樹脂, 赤、白
拡張ボードケース 公式, Raspberry Pi 3 Model B, 2 B, B+ 用 ケース, ABS樹脂, 黒, グレー

現状、技適関連以外で注意するべき点が電源である。
電源容量が、今回5V、2.5Aに上がっている点である。
電源コネクタはmicroUSBであり、DCジャックではないので、USB電源で2.5A出力できる物を確保する必要がある。(最大の話と思われるので起動しないという事ではないと推測される)
RSさんでは専用アダプタ準備中との事、海外ではオフィシャルのアダプタが発売開始された様なので、日本で販売できる様に認証の確認/取得等の準備なのではないかと推測される。


raspberrypi.orgでリリースが記載されています。
Raspberry Pi 3 on sale now at $35
以下の様な記載もあり、Raspberry Pi 3 Model Aも登場が期待できそうです。
What about Model A+?

Model A+ continues to be the $20 entry-level Raspberry Pi for the time being. We do expect to produce a Raspberry Pi 3 Model A, with the Model A+ form factor, during 2016.


日本国内では、数日後にはRSコンポーネンツさんで販売開始され売り切れ状態が発生するのではないかと予想されるが、電波法は守って技適取得完了までは無線を使用しない様注意頂きたい。
電波法は守ってハックを愉しみましょう。

スペック廻りについては、こちらの記事で記載済みになります。
詳細が解ってきたRaspberry Pi 3
follow me

セキュリティ対策ソフト「ESET」が「トロイの木馬」誤検出

2016/02/29夕方以降と思われるが、セキュリティ対策ソフト「ESET(イーセット)」が「トロイの木馬」を誤検出するエラーが発生。
yahoo等サイトでもエラーが出る状態が起きていました。
「HTML/Refresh.BC トロイの木馬」「JS/ScrInject.B トロイの木馬」等が発生する形になります。


本日更新されたウィルス定義データベース13102で発生している問題で、13103で問題解消されている様です。
既にeset.comでも誤検出と報告されています。
http://support.eset.com/alert5879/


自分のBlogにアクセスした際に「HTML/Refresh.BC トロイの木馬」検出メッセージが上がってきたので、「改ざんされたのか?」焦ってサーバのネットワークを切ったのですが、クライアントのESETの誤検出で一安心。
とりあえず、サーバ側のファイルも検査かけたけど問題なさそうだったので再接続しました。