follow me

1-bay NAS Kit v1.2 for NanoPi NEO&NEO2

1-bay NAS Kit v1.2 for NanoPi NEO&NEO2
v1.0は何故販売されてしまったのか。と言いたくなるv1.2です。
v1.0を購入したがHDDが認識しなくて、v1.2を送ってくれました。
不具合は既に判明していたらしく、すぐ送ってくれました。
しかし、こんな事ならNEO2を買っておくべきでした。
JMicron JM20329だったのが、JMicron JMS567に変更されていたりと、スペックアップもしている。
こんな事ならNEO2を買っておくべきでした。
同じ思いを感じた人も多いのではないだろうか?
JMicron JM20329ならUSB 2.0だしNEOで良いだろうと妥協した人も多かった筈。

左がv1.2、右がv1.0です。

follow me

初音ミクGTプロジェクト 10シーズン記念企画展 みてきた。

初音ミクGTプロジェクト 10シーズン記念企画展見てきました。
本当は電解コンデンサを買いに行った筈だったんですが、気が付いたら別の場所に居ました。
まぁ、よくあることですよね。
マシンは無いけど、ボンネットは展示されてた。

follow me

登場時期が悪かったのかBlack Swift

OpenWrtな板が年々増えて来ていますが、出始め頃のAR9331板です。
出して来たのはBlack Swiftです。
Kickstarterで出資していた方も居るかもしれません。
日本では時期が悪かったのか盛り上がりに欠けました。
僕も起動はしたものの放置してしまってました。
が、OpenWrt/LEDEが日本でもようやく盛り上がり始めたので、再度ひっぱりだしてきました。

このサイズはかなり魅力なのですが、このサイズ比較ってあまりされてないですよね?
OpenWrt/LEDEで後発品がどんどん出てきているので、霞んでしますがBlack Swiftも忘れてはいけない。
最近多く使われている、MediaTekチップでは無く、Atherosチップが採用されている。
まだこの頃は、OpenWrtといえば、Atherosチップが鉄板だった。
スペックとしては、SoCがAtheros AR9331 400MHz、RAM 64MB、Flash 16MB。今となっては少し見劣りしてしまう。
follow me

秋葉原ぶら歩き(2017/05/27)

毎週の様にぶらぶらしていた街、秋葉原。
2017/05/27(土)、ぶらぶらした戦利品記録です。

初音ミクGTプロジェクト 10シーズン記念企画展
僕は2010年と今年しか個人スポンサーしてないけど。。。

follow me

変化朝顔日記(2017/05/28) 支柱装着

支柱立てました。
ツルが伸び始めたら速いので、さっさと立てました。
follow me

変化朝顔日記(2017/05/25) そろそろ支柱準備

そろそろ支柱を準備しておいた方がいいかもですね。
適度に昼夜の温度差があるので、一気に育ちます。
朝夜の水やりをしっかりやれば育つのが嬉しいですね朝顔。
follow me

モバイルモニター DG-NP09D が思いのほか便利

ドスパラで販売されているモバイルモニター DG-NP09Dが便利。
HDMIな液晶は色々なメーカーが出しているが、結構お値段する物が多いので、ドスパラ通販特価:13,500円(+税)は安いと思う。
しかも、解像度1920×1200。
安くなると解像度が低い物が多いので、これは嬉しい。
あと、この値段で購入できる他のものと比べ本体が薄いのが気に入ってます。

follow me

変化朝顔日記(2017/05/23) すくすく

一気に暑くなって、一気に育ってます。
follow me

ESP32 breakout基板のいろいろ

ESP-WROOM32が発売されてからそれなりに時が過ぎました。
各種breakout基板も揃ってきました。
どこのbreakout基板がいいのだろうか?
breakout基板はやはりブレッドボードで扱い易いのがいいとか色々あると思います。
個人的には、スイッチサイエンスで入手可能な「Indoor Corgi Elec.さんからの受託販売商品」となっている物がお気に入り。
サクッと試すのに最少構成が揃っててかつ、ESP32にありがちなブレッドボードの穴が足りないなんて事も起きない。

スイッチサイエンス:ESP-WROOM-32 ブレッドボード開発基板 「E32-BreadPlus」(基板のみ)
ESP-WROOM32本体価格を考えると、680円は少し高く感じてしまうが、スイッチサイエンス自体が出している訳では無いので、これぐらいはしてしまうだろう。
使いにくいbreakout基板を使うぐらいなら出していい金額とも思われる。
一枚あれば事足りる訳で、スイッチサイエンスの他の買い物ついでに買えば送料だって怖くない。
follow me

NanoPi NEO、1-bay NAS Dock Kitだとっ!

FriendlyELEC NanoPi NEOは、Allwinner H3搭載板なのですが、Orange Piを所有しているので追ってませんでした。
しかし、1-bay NAS Dock Kit v1.0なんてものを出されたら買うしかないじゃないですか。
uSDはどうしてもすぐ壊れるのでHDDかSSD付けたいって結構ありますよね。
Allwinner H3がSATA内蔵ではないので、USB経由なのはわかっているが、それでもuSDよりはマシな場合もあります。
まぁ、NASとして利用したい訳では無くて、ARM鯖としてHDD付が欲しかっただけ。

FriendlyELEC NanoPiは、以前初期モデルは入手した事がある。
Raspberry Pi Zeroが入手しにくい時期に、小さいのが欲しくて入手したが、扱いにくかったので放置。
LinuxのARMサポートも進んできたので、今一度出してきてもいいかもしれない。
とりあえず、今回入手した1-bay NAS Dock Kitを動かしてみる。