follow me

技術書典3、薄い本仕入れてきた

技術書典3、薄い本仕入れてきました。
最近会わない人達が居るかと思ったが、出店側で出てる人の方が多かった。
今まで3回とも行っているが、一番空いてた気がする。
台風が近づいてた事もあるのだろうが。

follow me

秋葉原ぶら歩き(2017/10/22)

毎週の様にぶらぶらしていた街、秋葉原。
2017/10/22(日)、ぶらぶらした戦利品記録です。

パソコンショップ アーク
16GBのUSBメモリが無いと困る事が出てきた。
インストール用のディスクを作るのに8GBじゃ足りないとかいう事が起き出したので安くてUSB3も使えそうなのをとりあえず仕入れておいた。

follow me

ioDrive2、入手してみました。

ioDrive2を入手してみました。
運良く安かったのでポチポチ買いました。
入手したのは「HP 673642-B21 365GB MLC G2 PCIe IOアクセラレータ」、HPのはドライバ落せるか不安だったんだけど、普通にHPEのサイトからダウンロードできて認識も出来ました。

follow me

TL-PA4010 KIT、HomePlug AV2は対応?

日本で安価なPLCと言えば、TP-LinkのTL-PA4010 KITが鉄板状態な気がしてきてしまった今日この頃です。
発売開始当初、この値段で出すかと驚いて、価格競争が始まるかとおもったが、PLCが日本ではやはり流行っていないのか話題を聞かない。

TL-PA4010 KIT(AV600)という名前は、海外でも利用されているが、まったく違う写真が出てきたりするので、同一機種はAV500なのだろうかとか色々考えられるのだが、今回ドイツのTL-PA4010 KITがハードウェアとしては同等品なのではないかという推測に至った。
TL-PA4010 KIT V2のパッケージ印刷にHomePlug AV2対応と思える記述もあるので、実はハードウェアはHomePlug AV2は対応しているのではないかと推測していました。


ファームウェアバイナリを見ると、PLCのチップはQualcomm QCA7420と思われるので、ソフトウェアでのHomePlug AV2非対応なのだろうと。
HomePlug AV2は30MHz以上の帯域を使用してしまう為、電波法違反となります。(おそらく電波法、他にもあるかもしれない)

ファームウェアは、同一機種であるかのチェックは実施されている様で、モデル名が異なればアップデートチェックではじかれる形となっている。
しかし、同一機種で同一モデル名が使われている場合は、ファームウェアアップデートを受け付けてしまう仕様となっている模様
ドイツのTP-Linkのサイトからダウンロードできる、TL-PA4010 KIT V2の1.3.1のファームウェアは、日本の1.3.0のバージョンよりも番号も大きく、そのまま受け付けてしまう。


デバイス名の処に600Mbpsと表示されるのは、単なるTP-Linkのツールが海外モデルと判別していないだけなのだろうと思われる。(本体筐体にも600Mbpsという印刷が残ってますし)
で、ここからが問題、ドイツのファームウェアを受け付けてしまったTL-PA4010 KIT V2が、HomePlug AVの240Mbpsを超えた値を出してしまった。
HomePlug AV2に対応してしまったと予想される。(この個体はもう日本では使えない。勿体無い事をしてしまった。。。)

これらの状況から、おそらくはドイツ版と日本版でのハードウェアの違いはプラグ形状とファームウェアなのだと推測される。
HomePlug AVでは実効速度低いので、日本でHomePlug AV2が解禁されたら実用的になるのではと期待しつつ、日本で使えなくなった個体をそっと箱に戻すのであった。


ファームウェア書換えが出来てしまいますが、電波法に抵触する恐れがありますので、日本国内で行う事は違法行為となると思われます。
ファームウェア書換えを行った事により発生したあらゆる事は当方は責任取りかねます。
follow me

PocketBeagle、BeagleBoardの小さい版

PocketBeagle、盛り上がるかと思ったが日本では盛り上がる処か話題にも上がらない。

BeagleBoardは出た当初それなりに盛り上がった記憶があるのだが、Raspberry Piが一掃してしまった感がある。
アナログを扱う人にはBeagleBoardを使う人が一定数居る様なのだが、知名度でもRaspberry Piが使われがち。
仕事でもRaspberry Piでというのが出てくる訳で、BeagleBoardがこれからどうなるか気になる。
BeagleBoardは、BeagleBone Black Industrialと産業グレード品もあったりと期待していたりもするのだが。。。(PocketBeagle Industrialとか出るのかな?)

PocketBeagleのスペックを見ていくと、Raspberry Pi Zeroと比べるという事になるのだろうか。
処理性能はPocketBeagleが高くなるが、全体としてRaspberry Pi Zeroの方が便利感が出てしまう。
EthernetやWiFiは非搭載、使うにはUSB経由という事になる。(CANはあるので、車載には便利なのかもしれない)

PocketBeagle, Rapberry Pi Zero 比較
  PocketBeagle Raspberry Pi Zero
SoC OSD3358 1GHz Cortex-A8 BCM2835 1GHz ARM11
RAM 512MB 512MB
Storage uSD uSD
USB 2(micro, pin) 2(micro)
Video out none Mini HDMI

Peripheralを見て行かないとPocketBeagleの良さがさっぱりわからない。(残念だがそこを気にしてARM板を買う一般人が少なくなっている。)
PWMだったりCANだとかを搭載しているのはBeagleBoardの特徴といえるだろう。(Analog Inputが多いのも)
また忘れてはいけないのが、2×32-bit 200-MHz programmable real-time units (PRUs)。メインのCortex-A8とは異なり動作するコアがあると僕自身は認識しているのだが、扱い方がまだよく解っていない。リアルタイム性に優れた事ができるので、良くあるARM板の欠点をカバーできる箇所でもある。(個人的にはもっとうまく使っていきたいBeagleBone系なのだが)
follow me

Google Home、ok google、ねぇ google

Google Homeを2台セットで20,000円(税抜)買いました。(ビックカメラの2台セット)
知り合いと一緒に買ってしまえば1台10,000円で買えた。
通常価格だと14,000円なので、10,000円で買えるのは、今か値下げが始まってからかと判断し、さっさと入手。
ok google、ねぇ google、日本で夜な夜なスピーカーに話しかける人が増えてるらしいです。
とりあえず、Amazon EchoかGoogle Homeのどちらかが鉄板だろうという事で、片方入手したので音声認識はとりあえず満足。
あとはオモチャかな。
follow me

変化朝顔日記(2017/10/12) ハダニがまだ居るけど咲いてる

ハダニがまだ残ってるけど咲いてる。
follow me

Pi Supply Flick HAT Raspberry Pi、ちょっと愉しいデバイス

Flick、ちょっと愉しいデバイスです。
RSから手軽に買えます。Pi Supply Flick HAT Raspberry Pi、サイズは3種類あります。
Raspberry Piサイズの物を入手しましたが、デカイのにすればよかったが本音です。
広い空間でぶんぶん遊びたいと思ってしまうデバイスでした。
Raspberry Piサイズでは狭いのです。
遊び方はLeap Motionに近いかな。

follow me

OpenBlockS 266 シリアルコンソールケーブル自作

OpenBlockS 266 (L2Blocker)が1,000円で入手できたので、シリアルコンソール変換コネクタを自作した。
はじめCisco互換だっけ?と思ってたら、この頃はまだ独自配列だったんですね。
せっかくなのでケーブルというか変換コネクタ作りました。
というかRJ45とDSUB9変換コネクタ作る為のものが売ってるんですね。
結線は自分でするので、独自配列し放題。
便利になりましたね。前までは片側をRJ45コネクタ付けてDSUB9側をはんだづけしてました。
こういうのが売ってるんですね。しかもAmazonで簡単に入手できる。


結線はこんな感じで行いました。
クロス変換をしなくてもそのまま使えるので便利です。
シリアルのピン配列はマニュアルが、ぷらっとホームさんのページに残ってるから困らない。
https://www.plathome.co.jp/support/labo/obs266/

OpenBlockS 266 シリアルコンソール
OBS266 ピン番号 信号名    D-SUB 9ピン
1 SG 5
2 CTS 7
3 CD 1
4 RD 3
5 TD 2
6 RTS 8
7 DTR 6
8 DSR 4
follow me

Xiaomi Multi Port USB Power Adapter意味ワカラン

Xiaomi Multi Port USB Power Adapterを買ってみた。
製品サイトが何処かワカラナイ。。。。。。
https://xiaomi-mi.com/accessories/xiaomi-multi-port-usb-power-adapter/

付属しているモノが意味が解りません。
ノートPCの電源アダプタとして使える変換アダプタが付属している。
いや、確かにできない筈はないのだが、USB2個から取ってやるとか狂気としか思えない。
まぁ、便利そうだといえば便利そうなのだが、これを使うのは怖いというのが実際の処なのですよ。
旅の時に荷物が1個減りそうで期待はしてしまうのだが、刺してみる勇気がでるのかという大きな障壁があります。

ちなみに、普段私が使っているDELL Inspiron 3137だと通電はするけど充電はされませんでした。
信号がでていないのか、電流が足りていないのか判断には困るが。。。