follow me

また壺を買ってしまった。(宗教ではありません。)

また壺を買ってしまいました。(宗教の勧誘で買わされた訳ではないです。)
ひっぱりだこ飯。
駅弁といえば有名な部類ですが、しらないうちに蓋付きが登場していたらしい。
確かに蓋あると便利ですね。
部屋で増殖しやすい壺ですが、蓋付きは初めてです。

思ったより扱いやすい。
follow me

マンホールフェス 2019見てきた

マンホールフェス 2019 in 東急ハンズ新宿店見てきました。
開催期間が、2019年2月1日(金)〜2月3日(日)と短すぎでしょう。

デザインマンホール、最近増えてるとは聞くけどまったく見かけません。
あれは滑りやすくないのか?
って方が心配なのですが。
実際、滑りやすい模様。なので車道には使われない。

これだけの数のデザインマンホール集めてるのは珍しいかな。
マンホールの展示は珍しいかな人が集まってました。
follow me

Codama ベース板準備、レーザーカット試してみる

Codamaの本来の性能を出すために、固定する板を用意しました。
考えたら初めてレーザーカット頼んでみた。(工房Emerge+さんに依頼してみました。)
別にたいしたカットもしてないがな。

マイクボードがぷらぷらしていると性能が落ちるので、固定が必要です。
どこまで固定するかというのは様々な意見がでるかと思いますが、とりあえずベースボードで良い気はします。
follow me

アキバぶら歩き(2019/01/26)

毎週の様にぶらぶらしなくなった街、秋葉原。
もういいかな感にあふれてきた街、アキバと秋葉原。
2019/01/26(土)、ぶらぶらした戦利品記録です。

千石電商
スペーサーとか買っただけ。
follow me

Pythonのhashlibが使えない

Pythonのhashlibが使えない。
OpenWrtではまったから残しておこう。

複数Python入れてたり、クロスビルド環境として一時環境作ってたりすると起こるケースがままありそう。
普通にOpenSSLのライブラリが見える位置にいるのかという話ではあるのだが、Pythonをやらない人からすると面倒くさいのです。
しかも、nodeのビルドをしたいだけなのに、Pythonのhashlibとかではまるとか考えないのですよ。

ちなみに、OpenWrtでビルドできなかったときのメッセージはこうなってました。
follow me

アキバぶら歩き(2019/01/19)

毎週の様にぶらぶらしなくなった街、秋葉原。
もういいかな感にあふれてきた街、アキバと秋葉原。
2019/01/19(土)、ぶらぶらした戦利品記録です。

例のグラボ、例の電源、例のCPUマザボのセット。
なんでも「例の」にしてしまう秋葉原一色。
いや、安く入手できるのは嬉しいのですがね。

つくもたん.ex
BD-R買うとつくもたんカレンダーついてくるのが始まったみたいだけど、買わなかったという珍しい2019年です。
いえね、BD-Rあんま使わないんですよね、けっきょく。。。

follow me

LinkIt 7688のビルド手順。(Ubuntu 18.04環境で)

Ubuntu 18.04環境でのLinkIt 7688ファームウェアのビルドについて。
LinkIt 7688は、TELECの関係上Chaos Calmer (15.05.x)を利用する訳ですが、Chaos CalmerはUtuntu 18.04環境でのビルドが出来ません。

実はChaos Calmer (15.05.x)だけの話しではなく、ながらくUbuntu 18.04でのビルドはmasterでもできなかった。(いつのまにかビルドできるようになったけど、おそらくパッケージによってはビルド失敗すると思われる。)
Ubuntu 16.04.x環境を用意すればいいのですが、それが面倒だという人が出てきてもおかしくないので、パッチを作ってみました。
ここまで変更入れないとビルドできないとか予想してませんでした。
基本バージョン構成はChaos Calmer (15.05.1)と同じに保ちたかったのですが、nodeだけ少しバージョン上がってしまいます。

用意したパッチは17個になります。
feedsで追加するパッケージ関係でのパッチが5個入っています。
feedsは、pythonとnodeに関するパッチです。(これらのパッケージを利用しないのであれば、苦労することはなかったのですが。。。)

では、各パッチと、ビルド手順を記載していきます。
patches.tar.gz
follow me

DN2820FYKHにサーバを置き換え

VIA C7で動かしていた自宅サーバが不安定になったのでマシン交換しました。(実は昨年9月です。)
何時買ったのか数年前な気がしますが眠ってたNUCに。
消費電力も下がってスペックも上がる。

ESXiを利用したので、2台に別けてたのを1台に集約。
集約とか今更感だけど。
とりあえず、まるっと移行しました。

UPSどうしよう。。。が、まだ課題として残ってる。
今まではネイティブでLinuxだったから、apcupsdでよかっただけなんだけど、どうやってESXi単体でやるか悩み。
とりあえず2hぐらいの停電ならなんとかなるから、UPS電源だけ繋いでるけど自動シャットダウンはやりたいよなぁ。。。
GWまでにはなんとかしますかね。
follow me

セールのタイミングで買っておいたFire HD 10

昨年セールのタイミングでFire HD 10を買っておきました。
Fire 7は持ってたのですが、画面が小さいから不便だった。
Fire HD 10も解像度は大きいといえないないけど、最近解像度より物理画面サイズが大きいのが欲しく変わってきました。
正直小さすぎる字は疲れるんです。(なんか年寄りくさいこと言ってる気はするが、タブレットは資料読んだりに使う端末なので、それなりのサイズ欲しい
やはり1万円切ると買いやすいですね。

正直、Kindleはメンテナンスがラクでいい。(管理するのが面倒になってきました。
アカウント設定するだけでいいのは助かる。
follow me

LinkIt 7688用にmtk-linkit-miniパッケージを用意する


LinkIt 7688、デフォルトでビルドされてしまうmtk-linkitパッケージの依存関係の関係で馬鹿でかいイメージになるのをなんとかしたい。
でも、外せないパッケージは存在する。
なので整理しました。
mtk-linkit-miniパッケージ。
ROM容量の節約だけでなく、ビルド時間の短縮にもなります。
勿論、wps要らないとか、リセット系動作とか自分で定義しなおせるなら、自分で書いてしまった方がもっと節約できる。
とりあえず、手軽にコンパクト化するものという位置づけです。

mtk-linkit-miniパッケージは、mtk-linkitパッケージに対し以下パッチを当てて作成します。
feeedsなので、追加してからパッチを当ててください。(全体の手順は下に記載していきます。
Add-mtk-linkit-mini.patch

手順の前に、どれぐらいサイズとビルド時間が変わるのかを出しておこうかと思います。
バイナリサイズ ビルド時間
mtk-linkit 21,505kb 85m10.838s
mtk-linkit-mini 3,329kb 44m16.293s
バイナリサイズは比較とかのレベルではなくなります。
32MB Flashを積んでいるので、大して気にする必要も無いかもしれませんが、焼きの時間等も考えれば小さいに越したことはありません。(不要なものを動かすメモリも勿体ないですし。)
ビルド時間は、ソースコードのダウンロード時間は含まず、make -j1の結果なので、ダウンロード時間も含めると差はさらに大きくなる。