follow me

Roseapple Pi到着。

発送が遅れていたRoseapple Piですが到着しました。
Roseapple Piと言っても初めて聞く人も多いだろう。
プロジェクトが立ち上がった時はLemon Piという名前だった為、こちらの名前には記憶のある方も居るかと思う。
Indiegogoで出資を募っていたプロジェクトだが、少し時間が掛った事もあり、コアがCortex-A9と少し古さを感じてしまう状態となってしまったが、USB 3.0搭載だったりメモリが2GB搭載だったりと、ある方面では魅力負けしていない板の一つではあると思われる。

箱は、白箱にシールを片面貼っただけのシンプルな構成。
Orange Pi等、箱まで印刷して出してきている板が増えたので、安っぽい感じは否めない。(そこを求めるのは間違っているのだろうが)


おそらく、スペックも何も知られていないと思われるので基板を見つつ、スペックも記載しておきます。
コア自体はCortex-A9という事で、少し物足りなさを覚えますが、板全体としてのスペックは悪くありません。
メモリ2GBが良く効いていて、他の板でしんどかった箇所に手の届く板となっていると思います。
follow me

秋葉原ぶら歩き(13週目)

毎週の様にぶらぶらしている街、秋葉原。
2016/04/02(土)、ぶらぶらした戦利品記録です。

つくもたん ex.
ぴーちゃんのカレンダー。
日曜始まりのカレンダーなので使いやすいのです。(個人的には倍のサイズならベストなんだが)

follow me

関東12年目開始

新社会人、新入生の皆様おめでとうございます。
@SRCHACK.ORGの管理者です。
大阪出身の僕も、関東12年目開始です。
社会人12年目、転職1年経過。
いまだに関東の地名を云われてもすぐにピンとこない人ですが、なんとか生きてます。
あといまだに関東の蕎麦は食べれません。(まっくろな液体に浸かってるのが無理です。)

これからも@SRCHACK.ORGの逝き過ぎたハックをお愉しみ下さい。
follow me

秋葉原ぶら歩き(12週目)

毎週の様にぶらぶらしている街、秋葉原。
2016/03/26(土)、ぶらぶらした戦利品記録です。

ラジオデパート - 家電のケンちゃん
FM音源チップ。YMZ735-F。
付属している紙に載っていないチップ。
うーん、データシートが入手できれば良いのだが。

follow me

秋葉原ぶら歩き(11週目)

毎週の様にぶらぶらしている街、秋葉原。
2016/03/19(土)、ぶらぶらした戦利品記録です。

ぐるぐると一周したものの何も買わずに終了。
僕にしては珍しい。
follow me

UPSとバッテリー廃棄を無料で

どこのご家庭にも1台ぐらいは廃棄に困っているUPSがある訳だが、通常のごみとしてはもちろん廃棄できないし、回収業者も有料だったりが普通です。
特にUPS本体をどうするかという話もあります。
買い替えと同時にユーザ登録して回収してもらう手もありますが、そのタイミングを逃してしまうと部屋の片隅で爆弾を抱えて住んでいる様なものです。
このUPSとバッテリーをどうするかと探していると、無料でUPSも引き取ってくれる場所がありました。
http://バッテリー処分.net/

今回、UPSと交換用バッテリーを引き取って貰いましたが、本当に無料で引き取ってくれました。
郵送OKとの記載もありますが、バッテリーを郵送するのは少し不安があるので持込みました。

本当にデカイのになると廃棄できなくなるので、片手で持ち上げれる重さまでしか僕は使用しません。
20分ぐらいの停電までしか想定してないので。(消費電力小さいので小型のもので意外ともつ)
follow me

秋葉原ぶら歩き(10週目)

毎週の様にぶらぶらしている街、秋葉原。
2016/03/12(土)、ぶらぶらした戦利品記録です。

千石電商
goot YP-10 精密プライヤー(持ってた精密プライヤーが錆びついてて買い替え)

follow me

MZK-WDPRのOpenWrt化と注意点

「かんたんインターネットラジオ|MZK-WDPR-R01」のOpenWrt化ですが、パッチがOpenWRT trunkに入りました。
https://dev.openwrt.org/changeset/48968/

OpenWrt化にあたり注意点もあるので、状況理解したうえでハックをお愉しみ下さい。
OpenWrt化についてはあくまで自己責任のもと行ってください。メーカー等に問い合わせない様お願い致します。
また、OpenWrt化すると技適の問題が発生します。日本国内で電波を出力する事による問題、トラブル等は自己責任と理解ください。(電波法は守った上でハックを愉しみましょう。)

follow me

注意すべきは電源だけじゃないRaspberry Pi 3

海外からの購入勢が手元に届き始めたRaspberry Pi 3ですが、日本国内での無線利用、電源の2.5A仕様のほかにも注意すべき点が存在しました。

意外と騒がれていないmicroSDカードスロットのパーツが変更されている件。
カチッとロックされないタイプ(Raspberry Pi Zero)と同じものに変更されています。

何故この様な事に注意が必要かというと、Raspberry Pi 2のケースを流用しようとしている人には大きな問題が出る事がある為です。
刺したmicroSDが出せないケースが存在するのです。
再度押せば出てくる事を想定し、microSDがケースに収まる設計をされたケースが多数存在していたので、それらでRaspberry Pi 3を使用した場合、microSDが取り出せなくなるのです。
純正のRaspberry Pi 3のケースでは、以下画像の様にmicroSDが取り出せます。(Raspberry Pi 2の頃の純正ケースは所有していないので、今回のケースからの仕様かは不明)

follow me

一足先にRaspberry Pi 3 開封式

話題のRaspberry Pi 3(RS製)を入手してみました。
まだ日本国内での発売は開始されていませんが、海外では入手可能となっています。
日本国内での販売が遅れているのは、技適関係ではないかとも考えられるが、技適は既に通過しており、本当の処どこで詰まっているのか気になる処ではある。

一足先に入手したRaspberry Pi 3の開封式を行います。
起動自体は、電波シールド環境で行う為、別途記載とさせて頂き、まずは開封の模様を記載します。