follow me

PINE64 2GBモデルも秋月電子通商で扱い始めた

秋月電子通商でなぜかPINE64 2GBモデルも扱い始めた。
Kickstarterで入手していた僕は、買い足す必要もない数所有している訳で、持っていたのをひっぱり出して来た。
出た当初は思ったほど性能も出ないし、即積基板にしてしまったが、Kernelもバージョン上がって動きが良くなっているのかもしれない。
単にPINEBOOKで再盛り上がりしているだけなのかもしれないが、Windowsも動く筈のPINE64を今一度起動してみる事に。(Blogで一度も登場させてないみたいだし。。。)


秋月のサイトの説明が少しさびしい感。
64bitクアッドコアのARMを使ったシングルボードコンピュータです。 Linux(ubuntu、Arch、Gentoo等)やAndroid等が動作します。 メモリ2GBのモデルです。
個人的には、Windows 10 IoT対応、Android 7.1対応、1000BASE-T搭載、TFTパネルが安い、とかがありかなと思う点だったりするのだが。
まぁ、人それぞれ見方は異なるのは当然なのでそれはそれとして、PINE64はRaspberry Pi 3と比べても安いので本家から買ってる人も多いでしょう。
秋月で入手できるのは、待たずに使えるのと、届かない心配をしなくて良い処でしょうか。
あと、PINE64は輸送中に割れた事故が多いので、その心配も無くて済む訳で、秋月の価格設定はいい所を攻めてるなぁと感じている。
実際買ってみると解るが、基板大きいくせに薄いし弱いねん。
follow me

PQI Air card II、ARM搭載SDカード型Linuxマシン。1,580円。

ARM926EJ-Sを搭載したSDカード型Linuxマシンの紹介です。
お値段今なら、1,580円。
PQI JAPANWiFiメモリカード Air Card II (microSDHC Class10 16GB同梱) 6W65-016GR1A1A
# cat /proc/cpuinfo
Processor       : ARM926EJ-S rev 5 (v5l)
BogoMIPS        : 25.29
Features        : swp half fastmult edsp java
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: 5TEJ
CPU variant     : 0x0
CPU part        : 0x926
CPU revision    : 5

Hardware        : KeyASIC Ka2000 EVM
Revision        : 0000
Serial          : 0000000000000000

KA chip ID      : KA0920D
Linuxが動いていて、telnetが開いていて、しかもuSD 16GBが付いてこのお値段。
まぁ、ハックし放題なのは有名なので、今更書く必要もない訳だが、買いやすいお値段になったので。
follow me

1-bay NAS Kit v1.2 for NanoPi NEO&NEO2

1-bay NAS Kit v1.2 for NanoPi NEO&NEO2
v1.0は何故販売されてしまったのか。と言いたくなるv1.2です。
v1.0を購入したがHDDが認識しなくて、v1.2を送ってくれました。
不具合は既に判明していたらしく、すぐ送ってくれました。
しかし、こんな事ならNEO2を買っておくべきでした。
JMicron JM20329だったのが、JMicron JMS567に変更されていたりと、スペックアップもしている。
こんな事ならNEO2を買っておくべきでした。
同じ思いを感じた人も多いのではないだろうか?
JMicron JM20329ならUSB 2.0だしNEOで良いだろうと妥協した人も多かった筈。

左がv1.2、右がv1.0です。

follow me

モバイルモニター DG-NP09D が思いのほか便利

ドスパラで販売されているモバイルモニター DG-NP09Dが便利。
HDMIな液晶は色々なメーカーが出しているが、結構お値段する物が多いので、ドスパラ通販特価:13,500円(+税)は安いと思う。
しかも、解像度1920×1200。
安くなると解像度が低い物が多いので、これは嬉しい。
あと、この値段で購入できる他のものと比べ本体が薄いのが気に入ってます。

follow me

ESP32 breakout基板のいろいろ

ESP-WROOM32が発売されてからそれなりに時が過ぎました。
各種breakout基板も揃ってきました。
どこのbreakout基板がいいのだろうか?
breakout基板はやはりブレッドボードで扱い易いのがいいとか色々あると思います。
個人的には、スイッチサイエンスで入手可能な「Indoor Corgi Elec.さんからの受託販売商品」となっている物がお気に入り。
サクッと試すのに最少構成が揃っててかつ、ESP32にありがちなブレッドボードの穴が足りないなんて事も起きない。

スイッチサイエンス:ESP-WROOM-32 ブレッドボード開発基板 「E32-BreadPlus」(基板のみ)
ESP-WROOM32本体価格を考えると、680円は少し高く感じてしまうが、スイッチサイエンス自体が出している訳では無いので、これぐらいはしてしまうだろう。
使いにくいbreakout基板を使うぐらいなら出していい金額とも思われる。
一枚あれば事足りる訳で、スイッチサイエンスの他の買い物ついでに買えば送料だって怖くない。
follow me

NanoPi NEO、1-bay NAS Dock Kitだとっ!

FriendlyELEC NanoPi NEOは、Allwinner H3搭載板なのですが、Orange Piを所有しているので追ってませんでした。
しかし、1-bay NAS Dock Kit v1.0なんてものを出されたら買うしかないじゃないですか。
uSDはどうしてもすぐ壊れるのでHDDかSSD付けたいって結構ありますよね。
Allwinner H3がSATA内蔵ではないので、USB経由なのはわかっているが、それでもuSDよりはマシな場合もあります。
まぁ、NASとして利用したい訳では無くて、ARM鯖としてHDD付が欲しかっただけ。

FriendlyELEC NanoPiは、以前初期モデルは入手した事がある。
Raspberry Pi Zeroが入手しにくい時期に、小さいのが欲しくて入手したが、扱いにくかったので放置。
LinuxのARMサポートも進んできたので、今一度出してきてもいいかもしれない。
とりあえず、今回入手した1-bay NAS Dock Kitを動かしてみる。

follow me

Prolific PL-2303が認識しない、それは偽物かもしれない

AliExpressで纏めて買っておいて使っているUSB TTLシリアル変換でProlific PL-2303を使用した物があるのですが、たまに認識しない個体がありました。
昔使ってた端末では認識したのに、とか変だなとは思ってました。
真面目に最近見始めたら、偽物が出回った事で最新のドライバだと偽物が認識しなくなっていたらしい。
エラーとしては、「このデバイスを開始できません。 (コード 10)」となっている。
古いバージョンのドライバにすれば動くとか情報があるが、なかなかに面倒臭い。

ここに情報があるので、これを入れればとりあえず認識する模様。
http://www.ifamilysoftware.com/news37.html

イロイロな機器をハックする際に良く使うので複数安いのを仕入れていたのが面倒の元になってました。
たぶん過去壊れたと思って1個捨ててしまって気もする。
今考えれば、この問題にあたっていたのかもしれない。
安いシリアル変換に飛びつくのも考え物かもしれません。
follow me

9ドルLinuxコンピューター「CHIP」入手しました。

9ドルLinuxコンピューター「CHIP」が手元に届きました。
Kickstarterで出資していた方はとっくの昔に入手されているので、今更かという反応だとは思うのですが、手元に届きました。
珍しくこの手の物で出資していなかったので、入手が遅れました。(リリースされてからでもいいかと思ったのですよ。思ったのですよ。)


おそらく説明が必要ないだろうが、9ドルのCHIPコンピューターと話題になったものの、Raspberry Pi Zeroがもっと安く登場したので、ヤラレタ感が大きかったヤツです。
しかし、入手している人達の評価が高かったCHIPは、個人的には期待していました。
Raspberry Pi Zeroは小型化を進めた事でUSBがmicroUSBだったりと扱いにくさが出てしまったが、CHIP側は通常サイズのUSB搭載でFlashも搭載しているから、microSDを追加で買う必要性もない。
しかもバッテリーが繋がる。
何気に扱いやすいのです。
follow me

Roseapple Pi到着。

発送が遅れていたRoseapple Piですが到着しました。
Roseapple Piと言っても初めて聞く人も多いだろう。
プロジェクトが立ち上がった時はLemon Piという名前だった為、こちらの名前には記憶のある方も居るかと思う。
Indiegogoで出資を募っていたプロジェクトだが、少し時間が掛った事もあり、コアがCortex-A9と少し古さを感じてしまう状態となってしまったが、USB 3.0搭載だったりメモリが2GB搭載だったりと、ある方面では魅力負けしていない板の一つではあると思われる。

箱は、白箱にシールを片面貼っただけのシンプルな構成。
Orange Pi等、箱まで印刷して出してきている板が増えたので、安っぽい感じは否めない。(そこを求めるのは間違っているのだろうが)


おそらく、スペックも何も知られていないと思われるので基板を見つつ、スペックも記載しておきます。
コア自体はCortex-A9という事で、少し物足りなさを覚えますが、板全体としてのスペックは悪くありません。
メモリ2GBが良く効いていて、他の板でしんどかった箇所に手の届く板となっていると思います。
follow me

安価な7インチ液晶キットのケースが悩み物

Raspberry Piを始めとしてARMボードを使いだすと欲しくなるHDMI液晶ですが、安価な7インチ液晶キットや、ジャンク中華タブレットから救出された7インチ液晶等のケースをどうするかが悩み物です。
液晶キットは安く入手できるのに、ケースが無いんです。
みなさんどうされていますか?
アクリルで作るってのが多いと思いますが、アクリル板って高いんですよね。
とりあえず、AliExpressで台座を買ってみた訳ですが、失敗だったと後悔する羽目に。(使いにくいんですよ、やっぱり)

1024×600で動作確認したりするには十分なんですが、なんか期待と違うんですよね。