follow me

流行なTile型ですParallella-16

Tile型チップのParallellaです。
2012年にKickstarterで出資を募り、話題になったボードの話です。
予定より遅れに遅れた訳ですが、5月ぐらいに手元に届いて少しずつ遊んでいます。
PreOrder分のGPIO無し7010版も届いてますので、今更ながら紹介を。
ちなみにクラスタ組みたいのでGPIO無し7010版は一部売却済みです。


先日、$119でGPIO付き7010版がOrder再開したのですが、出てすぐに売り切れとなったようです。
たまにOrder再開したりしているので、どうしても入手したい方は日本時間21時ぐらいにadapteva.myshopify.comを覗いてみるのがいいかもしれません。
follow me

Parallella-16 Desktop Computer 販売再開されたと思ったら

話題のParallella-16ですが、Shop (Re)Openingという事で皆さん入手できましたでしょうか?
僕は一瞬だけ、Order可能な状態を目撃できました。(僕はKickstarterで入手済みなのでいいのですが)
Parallella Shop (Re)Opening
一応、International shippingの文字も見えたので日本からも購入できたのではないかと思われますが、果たして買えた人は居たかどうか。

ちなみに本日のShop (Re)OpeningでSold Outでないステータスはこんな感じ。
GPIO付7010版のみ再開されたみたいです。
follow me

Airplaycast QT900は分解しない方がいいかもしれない

Allwinner A31s欲しさに購入したAirplaycast QT900ですが、購入した方は分解しない方がいいかもしれません。
思ったより元に戻せません。

Airplaycast QT900自体は、普通のAndroidスティックな訳ですが、Cromecastと同じ様な事もできる優れものなのです。
そんなもの興味なく、Linuxに書き換えるつもりで入手してる訳ですが。
搭載されているAllwinner A31sの嬉しいのは、GPUコアがPowerVR SGX544MP2なのです。
つまりOpenCL 1.1対応なのです。(ドライバが入手できるかは別問題。)

思ったよりマトモな箱でした。しかし輸入すると必ず箱は半分潰れてきます。
まぁ、箱に興味はないのでいいですがw。

では、開封記と共に分解記を紹介していきます。
follow me

NVIDIA Jetson TK1 Developer Kit

皆さんの手元に届き始めた話題のNVIDIA Jetson TK1 Developer Kitですが、僕の手元にも既に10日程前に到着しています。

しかしながらCUDAを使ったことのない僕は未だにマトモに触れてません。。。
そんな積板となっている方も多いのかもしれません。
まだ入手していない方は、オリオスペックで購入できます。
発表当初、日本で入手は困難かと思われたのですが、さすがはオリオスペックです。

では開封記。
follow me

NSX39、ポケットミク

NSX39、それはポケットミクです。
大人の科学 歌うキーボード ポケット・ミクです。
既に購入されている方が多いと思いますが、あのYAMAHA NSX1チップのボードが4,980円(税別)で入手できるといえば買ってしまうでしょう。
USB経由で使うのであれば、eVY1シールドを購入するより断然安いです。

follow me

トランジスタ技術2014年2, 3月号付属のARM

トランジスタ技術は2ヶ月連続でARM尽くし。
ARM流行りましたね。
もぅ皆さん買ってますよね。特に3月号は売れてるんじゃないかな。
ちなみにケース穴あけは途中です。

follow me

Radxa RockのNANDをUbuntuに書換え

Radxa RockをAndroid板として使う気はないので、早速Ubuntuに書き換えました。
現在、Android、Ubuntu、FreeBSDが動いている様ですが、サイトからイメージをダウンロードできるのはAndroidとUbuntuみたいです。
RadxaRouterとかもありますが、何者かはわかりません。たぶんLinuxだと推測していますが、とりあえずUbuntuのイメージを書き込みます。

follow me

文鎮化した中華パッドのHDMI液晶としての再利用

文鎮化した中華パッド。皆さん1個ぐらい持ってますよね?
勿体無いので、液晶パネルを再利用します。
HDMIの使える液晶制御基板を仕入れてRaspberry Piとかで使うモニタ代わりにしてみます。

follow me

QuadCoreなRockchip rk3188搭載のRadxa Rock

QuadCoreなRockchip rk3188搭載のRadxa Rockが届いていたにも関わらず、何故か開封するタイミングを失っていました。
この手のボードでは、Cortex-A9 QuadCore(1.6GHz)とかなりハイスペックとなっています。
他のボードは、Cortex-A7で1.2GHz程度に留まっているボードが多い為、性能部分でかなり期待できます。
rk3188自体、スペックが良いとの噂は聞いていたので、USBスティックタイプのものを入手しようか悩んでました。
Ethernetが100BASE-TXなのが少し残念ですが、SATAも無いので割り切って使おうかなと考えてます。
あと、$99というのは嬉しい価格ですね。問題は円安なので1万に収まってくれない処ですかね。
送料抑える事を考えたら、だれかと共同で仕入れる方がいいのかな。

follow me

使ってみる。LINUX IMAGE FOR SD for Intel Galileo

Intel GalileoのmicroSDを使ってみます。
Intel GalileoはmicroSDからブートする事ができます。
現時点、Intelの配布しているイメージ以外は見当たりませんが、各種ディストリは出てくるのではないかと期待しています。
イメージの入手は、IntelのサイトからLINUX IMAGE FOR SD for Intel Galileoをダウンロードします。
7zip形式なので、解答できるツールを用意しておきましょう。

普通に、microSDに全てのファイルを書き込んでIntel Galileoで起動するだけです。
ブートローダーとか気にする必要はありません。