follow me

Raspberry Pi 3B+、日本国内販売開始された

予想より国内販売開始が速かった。
5/1(火)に、TechShare株式会社が3B+販売開始してた。
Raspberry Pi 3 Model B+国内出荷開始のお知らせ

6月ぐらいだろうと思ってたら、もうハジマッテタ。
が、Raspberry Pi Zero Wとかと違って、普通に入手できるかとか思ってたけど、やっぱりまだ初乗りが集中してるのかな。
注文して発送連絡もあったけど、再度ページみに行ったら見つからない。売り切れたのかな。。。
ちなみに会社に届く様にしたから、連休明け受け取りですね。
まぁ、明日会社行くでも良いのだが面倒だ。
follow me

アキバぶら歩き(2018/05/03)

毎週の様にぶらぶらしなくなった街、秋葉原。
たまにぶらぶらするようになった街、アキバ。
2018/05/03(木)、ぶらぶらした戦利品記録です。

とらのあな
『嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたいイラスト展』
UDXで、嫌な顔されてきました。

follow me

SEIL/X1、シリアルコンソールケーブル自作

SEIL/X1が安く入手できました。
5台セットで入手して、1台は売却済み。
4台もいらないから、後2台は売却予定。(電源も付いてないので、本体だけです。)


シリアルコンソール変換コネクタを自作した。
はじめCisco互換だっけ?と思ってたら、この頃はまだ独自配列だったんですね。
シリアルのピン配列はマニュアルがあるから困らない。
コンソールケーブルのピンアサイン

自分で半田づけするなら1, 4, 6の結線はそのままでいいのだが、最近利用している変換コネクタだと出来ない。
ターゲット側に合わせるべきか悩む訳です。結果は4, 6をクロスして、1は1でダミー的にする事で問題なさげ。

SEIL/X1 シリアルコンソール
RJ45 ピン番号    D-SUB 9ピン
1 1
2 3
3 2
4 6
5 5
6 4
7 8
8 7
follow me

絵師100人展08 みてきた

秋葉原で開催中の「絵師100人展」を今年も見てきました。
もうGWお馴染みになりましたね。
初回開催時は、産経新聞社がこんなのやるんだ!と話題にもなりましたが、産経新聞社の名前が表に出てこなくなりましたね。
もう恒例になったサインボード。
たぶん2回目か3回目ぐらいからあるのだとは思うのだけれど。

follow me

技術書典4、薄い本仕入れてきた

技術書典4、薄い本仕入れてきました。 変な集まりだなぁ。と思います。
ちょっと人多すぎてゆっくりできない感。
ちょっと人多すぎて入手できない感。
まぁ仕方ないね。
コミケで慣れてる人は問題ないんでしょうね。。。僕はちょろちょろと気になったのを仕入れてきました。

follow me

理化学研究所 一般公開(2018) 見てきましたよ

4/21(土)に「理化学研究所 一般公開」があったので、見てきました。
家から30分程歩けば行けるので、毎年行く様にはしています。


「菖蒲」が公開中止になったので、「北斎」だけの公開となってしまいましたが、昨年導入されたHOKUSAI BIG WATERFALLが見れたので満足。
「菖蒲」の公開中止で行かなかった人も多かったのではないかと予想はしているものの天気が良かったのでそれなりに人は来ていた模様。
follow me

エンジニア視点での新型機 LinuxONE Rockhopper II

2018/04/10に「z14 Model ZR1」と「LinuxONE Rockhopper II」が発表されたのは既に盛り上がっているのでご存じかと思います。
出荷開始は2018/05/31という事ですので、実際に触ってみるのはもうしばらくの辛抱です。
TwitterやFacebookでも話題になっている?ので、メインフレームを仕事にしている方以外でも興味を持っている人は少なからず居るのではないだろうか?
興味を少しでも持った人が本Blogを見に来ていると思われるのだが、他のサイトで書かれている記事とは少し異なる視点で感じたままを書いてみる。

「エンジニア視点での」としているが、僕自身はメインフレームを本業としているエンジニアではない。
経営や営業の立場ではない人で、かつメインフレームをメインとしたエンジニアではない人から見た新型メインフレーム「z14 Model ZR1」、「LinuxONE Rockhopper II」はどうなのか?
ごくごく普通で大多数の凡人エンジニア視点の新型メインフレームを、「IBM Z14 Model ZR1」寄りではなく、「LinuxONE Rockhopper II」に寄って見ていきます。
follow me

アキバぶら歩き(2018/04/07)

毎週の様にぶらぶらしなくなった街、秋葉原。
たまにぶらぶらするようになった街、アキバ。
2018/04/07(土)、ぶらぶらした戦利品記録です。

FreeT
GS308P-100JPS、PoEスイッチ。(802.11af)
アンマネージドなのは残念だが、3,980円は嬉しい。
チップはおそらくあの辺とおもってるので、EEPROM付けてのハックが出来るのでは?と期待。
Raspberry Pi 3B+がPoE対応した事もあり、安価なPoEスイッチでの動作確認は進めておきたい処。

follow me

ヱビス様

ヱビス様。
ありがたや、ありがたや。


follow me

WRH-583GN2-S、シリアル。

WRH-583GN2-Sのシリアル。
パターンがあるので、そのまま繋いで終わり。
ボーレートは、Realtekのデフォルト38,400と、ほんとリファレンス通りです。
ピッチが1.27ではないので、いつものピンが立たないぐらいから道具箱を引っ掻き回すぐらいで完了。
順番は、Rx, Tx, GND, VCCです。