follow me

OSC2017.Enterprise 行ってきましたよっと

2017/12/08だったと思われるが、OSC2017.Enterpriseを覗きにいってきてました。
少しだけ昼飯時間を使って行ってきた感じでした。
オライリー仕入れに行った感が強いですね。


2018年カレンダー嬉しいですね。
卓上カレンダー最近貰わないので。
follow me

秋葉原ぶら歩き(2017/12/09)

毎週の様にぶらぶらしていた街、秋葉原。
2017/12/09(土)、ぶらぶらした戦利品記録です。

オリオスペック
すのこたんカレンダーを入手。
カレンダー難民にならずにすみました。

follow me

DELL Venue 10 Pro 5055を買った

5,000円ちょいで買ってみた。
DELL Venue 10 Pro 5055、なぜか買ってる人が多かったので。
いや、10インチWindowsは便利かなと思いまして。
販売ページだと解像度1280x800となっているのに、LTE搭載、解像度1920x1200が届いたといっている人もいるので、少し期待感をもって買いました。
届いたのは、LTE非搭載、解像度1920x1200。
LTE非搭載は残念だけど、解像度1920x1200は嬉しい。
USBなロジアナとかオシロとか使うには便利かもしれない。
ドキュメント読むにも便利かもしれない。

follow me

JAMSTEC一般公開行って来ましたよ(2017)

今年も見に行ってきました。地球シミュレータ。
JAMSTECの一般公開日(2017/11/11)でした。
まぁ、今年は地球シミュレータではなく「暁光」を見に行ったといった方が正しい訳ですが。
JAMSTECは置き場として使っているだけ?の様な感じなので、「暁光」が見れるとはあまり出ていなかったので行かなかった人も多かったのではないだろうか。
僕も見れるのかわからず、午前は様子見でTwitterで見れると知って急いで行った感じです。


今年は、地球シミュレータのツアーが無くなりました。
昨年も、全員マシンルームに入れる様になっていましたが、ツアーはぐるっと一周できるものだったので残念です。
ツアーに外れてもマシンルームに入れるのは嬉しいのですが。
なかなか両立は難しいのだろう。
follow me

変化朝顔日記(2017/11/07) 変化朝顔

ちょっとした変化だけど愉しい。

follow me

変化朝顔日記(2017/11/06) 変化現れる

はじめて変化が現れた。
花びらの形状に変化。
ハダニに苦しめられながらも、いいもの見れました。
種が出来れば嬉しいけど、ちょっと期待薄。
follow me

技術書典3、薄い本仕入れてきた

技術書典3、薄い本仕入れてきました。
最近会わない人達が居るかと思ったが、出店側で出てる人の方が多かった。
今まで3回とも行っているが、一番空いてた気がする。
台風が近づいてた事もあるのだろうが。

follow me

秋葉原ぶら歩き(2017/10/22)

毎週の様にぶらぶらしていた街、秋葉原。
2017/10/22(日)、ぶらぶらした戦利品記録です。

パソコンショップ アーク
16GBのUSBメモリが無いと困る事が出てきた。
インストール用のディスクを作るのに8GBじゃ足りないとかいう事が起き出したので安くてUSB3も使えそうなのをとりあえず仕入れておいた。

follow me

ioDrive2、入手してみました。

ioDrive2を入手してみました。
運良く安かったのでポチポチ買いました。
入手したのは「HP 673642-B21 365GB MLC G2 PCIe IOアクセラレータ」、HPのはドライバ落せるか不安だったんだけど、普通にHPEのサイトからダウンロードできて認識も出来ました。

follow me

TL-PA4010 KIT、HomePlug AV2は対応?

日本で安価なPLCと言えば、TP-LinkのTL-PA4010 KITが鉄板状態な気がしてきてしまった今日この頃です。
発売開始当初、この値段で出すかと驚いて、価格競争が始まるかとおもったが、PLCが日本ではやはり流行っていないのか話題を聞かない。

TL-PA4010 KIT(AV600)という名前は、海外でも利用されているが、まったく違う写真が出てきたりするので、同一機種はAV500なのだろうかとか色々考えられるのだが、今回ドイツのTL-PA4010 KITがハードウェアとしては同等品なのではないかという推測に至った。
TL-PA4010 KIT V2のパッケージ印刷にHomePlug AV2対応と思える記述もあるので、実はハードウェアはHomePlug AV2は対応しているのではないかと推測していました。


ファームウェアバイナリを見ると、PLCのチップはQualcomm QCA7420と思われるので、ソフトウェアでのHomePlug AV2非対応なのだろうと。
HomePlug AV2は30MHz以上の帯域を使用してしまう為、電波法違反となります。(おそらく電波法、他にもあるかもしれない)

ファームウェアは、同一機種であるかのチェックは実施されている様で、モデル名が異なればアップデートチェックではじかれる形となっている。
しかし、同一機種で同一モデル名が使われている場合は、ファームウェアアップデートを受け付けてしまう仕様となっている模様
ドイツのTP-Linkのサイトからダウンロードできる、TL-PA4010 KIT V2の1.3.1のファームウェアは、日本の1.3.0のバージョンよりも番号も大きく、そのまま受け付けてしまう。


デバイス名の処に600Mbpsと表示されるのは、単なるTP-Linkのツールが海外モデルと判別していないだけなのだろうと思われる。(本体筐体にも600Mbpsという印刷が残ってますし)
で、ここからが問題、ドイツのファームウェアを受け付けてしまったTL-PA4010 KIT V2が、HomePlug AVの240Mbpsを超えた値を出してしまった。
HomePlug AV2に対応してしまったと予想される。(この個体はもう日本では使えない。勿体無い事をしてしまった。。。)

これらの状況から、おそらくはドイツ版と日本版でのハードウェアの違いはプラグ形状とファームウェアなのだと推測される。
HomePlug AVでは実効速度低いので、日本でHomePlug AV2が解禁されたら実用的になるのではと期待しつつ、日本で使えなくなった個体をそっと箱に戻すのであった。


ファームウェア書換えが出来てしまいますが、電波法に抵触する恐れがありますので、日本国内で行う事は違法行為となると思われます。
ファームウェア書換えを行った事により発生したあらゆる事は当方は責任取りかねます。