follow me

WRTnode 2Rが入手し易くなってます

年明け始めてのOpenWrtネタになります。
昨年紹介した、MT7688A搭載のボードであるWRTnode 2Rですが、入手がしやすくなりました。
taobaoだけでなく、eleduinoでも購入可能となった模様です。
taobaoは代行を使う方法もあるのですが、やはり手が出しにくいのでeleduinoで扱いが始まったので試してみてはいかがでしょうか。
(※注意:無線は電波法の問題がある為、日本国内では使用できません)

Raspberry Pi Zeroが安価過ぎて、他のボードが霞んでしまってますが、mipsも頑張ってます。
ネットワーク系は強いんです。。。NATアクセラレータ系も内臓してるんです。(ドライバがあるかは別問題)

GPIOを使いたい人は少し注意、MT7688A直接を期待している場合は特に注意です。
WRTnode2RではSTM32F103T8U6も載っているので、STM32経由になるI/Oか判断しておかないといけません。

follow me

BPI-M3(Banana Pi)はいつのまにか出ていたオクタコア

そんなバナナと思っていたBanana Piですが、期待していたBPI-M3が既に出ていました。
Banana Pi(Allwinner A20)自体は、昨年上海問屋で取り扱われる等あったので説明不要と思いますが、Raspberry Piに似たARMボードです。
その後継というか最新機が既に出ていました。
上海問屋さんでは初期のボードしか扱っていない様でクアッドコア搭載モデルも扱っていないので、入手自体は自分で行うしかなさそうですが、1万程度でオクタコアが入手できてしまうようになりました。


基本スペックはこの様な形になりますが、いくつか注意して頂きたい。
CPU A83T ARM Cortex-A7 octa-core,512 KB L1 cache 1 MB L2 cache
GPU PowerVR SGX544MP1
Memory 2GB LPDDR3
Storage MicroSD, SATA
Network 10/100/1000Mbps (Realtek RTL8211E/D)
WiFi 802.11 b/g/n (AP6212), BT 4.0
Video HDMI 1.4 DHCP 1.2
USB 2x USB 2.0, USB OTG
follow me

IGZO-LCDパネルはお買い得なのか?

秋月電子通商で13,000円で販売されて話題になったので、IGZO-LCDパネル自体を紹介する必要が既になさそうなのですが。
このパネルは果たしてお買い得なのだろうか?
すぐに売り切れてしまった為、入手できなかった方も居る様ですが、私は再入荷分(昨年時点)含めて2枚入手できました。
再入荷分からラベルの解像度表記が修正されています。
これで終了ではなく、今後入荷はあるとの事なので気長に待てば入手自体はできるかと思います。


おそらくARM系ボードのHDMIディスプレイとしての利用を考えて購入している人が大半と思われるのですが、写ってくれないボードも多数存在する状態でなかなかに使いこなすのは難しい様です。
手軽に使う事を考えるのであれば、他のHDMIディスプレイを購入した方が良さそうです。
設定等の手間を使ってIGZOパネルを使うメリットは解像度の消費電力ぐらいでしょうか。
また、ケース等は自分で用意しなくてはいけないので、その点でも手軽ではなくなっています。
(もちろん3Dプリンタで出力する用のデータ等を公開されている方も居るので、そのあたりを利用してケースを作成するのも楽しそうですが。)
私は3Dプリンタで出力予定です。スペースを少し確保しないとプリンタを稼働させれないので、しばらく先になりそうですがw
follow me

$15なOrangePi PCは原価が気になる

既に話題になっているので、OrangePi PCが$15だなんて話をする必要は無いと思うのだが、仕入れてみました。


Allwinner H3/1.6GHz(Cortex-A7 4コア)で、メモリが1GBのってて、NANDは無いけど、USBは3ポートあって、、、
microSDや、HDMI、ビデオ/オーディオ、DCジャック、USB、Ethernet、MIC、IR、コネクタの類だけでもそれなりのコストがかかっている筈にも関わらず。
なんでしょう。どうやって$15に抑えているのでしょう。
不思議です。

先週には到着して他の方にも配ったりしているのに、時間的余裕が無く積んでました。
やっと開封です。
follow me

Xiaomi/XIAOYI Smart Camera is Linux Camera Box.

正式名称がXiaomi/XIAOYI Smart Cameraで良いのか少し不安だが。
Xiaomi/XIAOYI Smart Cameraは、Linux Camera Boxとしてオモチャとしてなりうるのかを見てみたいと思います。
なぜオモチャとして見ているかは、日本国内で普通に使うには技適の問題と、繋ぎ方が解りにくかったから。。。
中国語が解れば簡単に使えるのかもしれないが。。。なかなかAndroidアプリが見つからないし。。。
ちなみに入手したのは、Nightバージョンになります。

follow me

小型で安価なSPI Flashライタ GZUT New OnePro

小型で安価なSPI Flashライタ GZUT New OnePro が便利過ぎて捗る。
$15で買えて、市販ルータ等に使用されているチップが大体サポートされてそうで便利過ぎる話です。
別にddで吸い出しておくのでもいいのですよ。
それでも困らないので、でもu-boot含めて欲しい時ってありますよね?
Flashの張り替えとかしたい時ってありますよね?
JTAGでFlash書くのは面倒だし、手軽にやりたい時ってありますよね?
写真に写ってるクリップは別で買いました。

follow me

au HOME SPOT CUBE2 開封記

auから、HOME SPOT CUBE2が4/10に発売されました。
今回は無料でのレンタルではなく、販売になっています。
オンラインショップでは、4/11時点で在庫なし。
auショップでは売れてないのか、それなりに在庫あるみたいです。
今回は販売なので、そんなに入れてないとの店員の話でしたが、果たして売れるのだろうか?
さっそく、auショップで購入してきた訳ですが、他に購入者は見当たらず。
店舗在庫はすぐに切れそうになかったので1個だけ買ってきました。


いつもの様に開封記を書いておきますね。
follow me

BPI-R1 Open Source Router

BPI-R1 Open Source Routerの紹介です。
Allwinner A20搭載のちょっと変わったルータ基板になります。
入手は数ヶ月前にしていたのですが、そもそも寝る時間もマトモに確保できない状態が続いていたので積中華SoC板となっていました。
帰省してようやく人間らくし睡眠をとれたので、開封してみました。

BPI-R1 Open Source Routerですが、そんなバナナと言ってしまう登場の仕方をしたBanana Piの派生と考えていいでしょう。
ほぼBanana Piと同じになります。
Ethernet Switchが着いているので、Routerとして使うのにちょうどいい感じに仕上がっています。
「欲しかったのはコレだっ!」と言いたくなるような板ではありますが、実際どうなっているか見ていくことにしましょう。

follow me

Maker Faire Tokyo 2014に行ってきましたよ。

2014/11/24に『Maker Faire Tokyo 2014』に行ってきましたよ。
MakeはMake: Tokyo Meetingの頃から行っているので、なんだこの行列は?
と思ってしまったのはナイショにしておきたいと思います。
まぁ、IntelのEdison狙いで早めに行った僕も僕なのですが。。。
年々、Hobbyistっぽいちゃっちさが失われてる感があります。本気度が上がってるのもいいのですが、ちゃっちいレベルのも好きなので。

follow me

BBB Element14版(マルツ)と本家版(秋月電子)

BBB Element14版(マルツ)と本家版(秋月電子)は違うんです。
BeagleBone Black Rev.Cの話です。
アキバで買うとすると、マルツのElement14版か、秋月電子のBBB本家版で悩んでしまうのではないでしょうか?
同じですが、違うんです。
箱が本家版の方がしょぼい。ってのはどうでもいいと思います。
Element14は乾燥剤入り。