follow me

Rails on CentOS5

Ruby on RailsRuby on Railsの環境構築メモです。
うん簡単。
特に引っかかる所もなし。

yumで必要なもの導入。
# yum install ruby ruby-libs rdoc
Gemsをダウンロード
# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/35283/rubygems-1.1.1.tgz
Gemsを導入
# ruby setup.rb
install -c -m 0644 ubygems.rb /usr/lib/ruby/site_ruby/1.8/ubygems.rb
install -c -m 0644 rubygems.rb /usr/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems.rb
mkdir -p /usr/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems
.....
Railsを導入
恐ろしく時間がかかります。
CPU 100%使ってました。
Swapをかなり使ってましたので、メモリ多く取って置いた方が良さそうです。
# gem install rails
Bulk updating Gem source index for: http://gems.rubyforge.org/
        Bulk updating Gem source index for: http://gems.rubyforge.org/
Successfully installed rake-0.8.1
Successfully installed activesupport-2.0.2
Successfully installed activerecord-2.0.2
Successfully installed actionpack-2.0.2
Successfully installed actionmailer-2.0.2
Successfully installed activeresource-2.0.2
Successfully installed rails-2.0.2
7 gems installed
Installing ri documentation for rake-0.8.1...
Installing ri documentation for activesupport-2.0.2...
Installing ri documentation for activerecord-2.0.2...
Installing ri documentation for actionpack-2.0.2...
Installing ri documentation for actionmailer-2.0.2...
Installing ri documentation for activeresource-2.0.2...
Installing RDoc documentation for rake-0.8.1...
Installing RDoc documentation for activesupport-2.0.2...
Installing RDoc documentation for activerecord-2.0.2...
Installing RDoc documentation for actionpack-2.0.2...
Installing RDoc documentation for actionmailer-2.0.2...
Installing RDoc documentation for activeresource-2.0.2...
確認
rails -v
Rails 2.0.2
follow me

dynamips-0.2.7 for CentOS4

dynamips-0.2.7 for CentOS4導入メモ
Cisco 7200 Simulatorである「dynamips」のビルド手順。
今回は、とりあえずビルドまで、CentOS4ではPcapが古い為、次回CentOS5でやり直し弄っていく予定。

libpcapを追加
# yum install libpcap
ビルド
# make
Linking rom2c
cc: /usr/lib/libelf.a: そのようなファイルやディレクトリはありません
cc: /usr/local/lib/libpcap.a: そのようなファイルやディレクトリはありません
rom2c.c:16:20: libelf.h: そのようなファイルやディレクトリはありません
rom2c.c: In function `main':
rom2c.c:25: error: `Elf32_Ehdr' が宣言されていません (この関数内で最初に利用)
rom2c.c:25: error: (未宣言の各変数については、それが最初に現われたそれぞれの関数
rom2c.c:25: error:  に対して一度だけ報告されます。)
rom2c.c:25: error: `ehdr' が宣言されていません (この関数内で最初に利用)
rom2c.c:26: error: `Elf32_Phdr' が宣言されていません (この関数内で最初に利用)
rom2c.c:26: error: `phdr' が宣言されていません (この関数内で最初に利用)
rom2c.c:27: error: `Elf' が宣言されていません (この関数内で最初に利用)
rom2c.c:27: error: `img_elf' が宣言されていません (この関数内で最初に利用)
rom2c.c:42: 警告: 関数 `elf_version' の暗黙の宣言
rom2c.c:42: error: `EV_CURRENT' が宣言されていません (この関数内で最初に利用)
rom2c.c:42: error: `EV_NONE' が宣言されていません (この関数内で最初に利用)
rom2c.c:47: 警告: 関数 `elf_begin' の暗黙の宣言
rom2c.c:47: error: `ELF_C_READ' が宣言されていません (この関数内で最初に利用)
rom2c.c:49: 警告: 関数 `elf_errmsg' の暗黙の宣言
rom2c.c:49: 警告: 関数 `elf_errno' の暗黙の宣言
rom2c.c:49: 警告: フォーマット引数がポインタではありません (引数 3)
rom2c.c:53: 警告: 関数 `elf32_getphdr' の暗黙の宣言
rom2c.c:55: 警告: フォーマット引数がポインタではありません (引数 3)
rom2c.c:64: 警告: 関数 `elf32_getehdr' の暗黙の宣言
rom2c.c:75: 警告: value computed is not used
make: *** [rom2c] エラー 1
パッケージ追加
# yum install elfutils-libelf-devel

libpcapのライブラリ保存位置が、Makefile内で固定記述されている為、修正。
Makefileの43行目編集
PCAP_LIB=/usr/local/lib/libpcap.a
↓
PCAP_LIB=/usr/lib/libpcap.a
CentOS4では、pcapのバージョンが古く失敗する為、pcapを使用しない様に修正。
本当は、pcapの新しいのを入れるべきだが。
Makefileの13行目編集
HAS_PCAP?=1
↓
HAS_PCAP?=0
follow me

Cisco 7200 Simulator

コレを探していたんです。dynamipsです。

本物のIOSを使って動作をシミュレートしますので、IOSは各自準備する必要はありますが、本物のルーターとほぼ同じ動作をします。
複数のシミュレートしたルーター同士を接続したり、外部のネットワークと接続する事も出来ます。
対応型番は、Cisco1700シリーズ、2600シリーズ、3600シリーズ、3700シリーズ、7200シリーズとなっています。
勉強には十分ですね。

CentOS4でビルドしようと思いましたが、libpcapのバージョンが古かった様です。
follow me

Oracle Enterprise Linux

Linux - RedHatかなり遅れて入れてみましたOracle Enterprise Linux。
入れた感想。Red Hat Enterpriseと同じだな。
違いは、なにやらコンナパッケージが増えてる感じですね。

うーん、oracleasmって何?。
ASM(Automatic Storage Management)、ストレージグリッドを実現するために自動ストレージ管理。
まだ良く解ってません。
oracleasm-2.6.9-67.0.0.0.1.EL-2.0.3-2.i686.rpm
oracleasm-2.6.9-67.0.0.0.1.ELhugemem-2.0.3-2.i686.rpm
oracleasm-2.6.9-67.0.0.0.1.ELsmp-2.0.3-2.i686.rpm
oracleasm-2.6.9-67.0.0.0.1.ELxenU-2.0.3-2.i686.rpm
oracleasm-support-2.0.3-2.i386.rpm
tora-1.3.14.1-2.i386.rpm
follow me

SlackwareでTOMOYO

TOMOYO LinuxSlackware 12.0でのTOMOYO 1.5.3導入方法のメモです。
久々にTOMOYO触りました。
かなり前に触った時より使いやすくなってる感じです。
何気にSlackware用のパッケージが無い様なので、そのうち作りますかw

なぜ急に更新の止まっていたsrchack.orgが更新されたのか?
後輩にかなり置いて行かれている事に気がついたので。。。
仕事が忙しいから?理由にならないね。そんなの。
すぐに追いついてやるからね。

■カーネルビルド設定をSlackwareに合わせる
# cd /usr/src/linux
# cp -p .config  .config.ORG
# cp -p /boot/config ./.config

■Kernelパッチ適用
一箇所、バージョン記載の行で失敗してしまいます。
# cd /usr/src/linux
# tar zxf ccs-patch-1.5.3-20080131.tar.gz

# patch -sp1 < patches/ccs-patch-2.6.21.diff
1 out of 1 hunk FAILED -- saving rejects to file Makefile.rej

■Makefile編集(パッチミスマッチ分)
EXTRAVERSIONの行を書き換えます。
# head Makefile
 VERSION = 2
 PATCHLEVEL = 6
 SUBLEVEL = 21
+EXTRAVERSION = -ccs

■Kernelコンフィグ
# make menuconfig
変更箇所は以下。
「File systems」
    * [*] SAKURA (Domain-Free Mandatory Access Control) support
    * [*] TOMOYO (Domain-Based Mandatory Access Control) support
    *  SYAORAN (Tamper-Proof Device Filesystem) support 

■Kernelビルド LILOをLBA対応モードで実行してくれないので、失敗します。
# make
# make modules
  CHK     include/linux/version.h
  CHK     include/linux/utsrelease.h
  Building modules, stage 2.
  MODPOST 1592 modules

# make modules_install
# make install
sh /usr/src/linux-2.6.21.5/arch/i386/boot/install.sh 2.6.21.5-ccs-smp arch/i386/boot/bzImage System.map "/boot"
Warning: LBA32 addressing assumed
Added Linux *
One warning was issued.

■LILOをLBA32対応モードで入れ直し
面倒ですが、LILOをLBA対応モードで実行しなおします。
もちろん、lilo.conf書き換えます。(書き換え内容は省略)
# lilo -L


■TOMOYO Toolsのビルド
# tar zxf ccs-tools-1.5.3-20080131.tar.gz

# make all
# make install

■TOMOYO Toolsのパス環境変数追加 Slackwareでは、~/.profileを呼んでないみたいなので、以下で対応してみました。
~/.profileを読む様に、改良した方が良いかも知れませんが、少し手抜きです。
# vi /etc/profile
-----追記-----
# TOMOYO Linux
if [ "`id -u`" = "0" ]; then
  echo $PATH | grep /usr/lib/ccs 1> /dev/null 2> /dev/null
  if [ ! $? = 0 ]; then
    PATH=$PATH:/usr/lib/ccs
  fi
fi
--------------

■TOMOYO Toolsのパス環境変数反映
再ログインし、問題ないか確認。

■ポリシーの作成
# /usr/lib/ccs/init_policy.sh
Creating policy directory.
Creating manager policy.
Creating default profile.
Creating exception policy. This will take several minutes.
which: no spamd in (/usr/lib/ccs:/sbin:/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/games:/usr/lib/ccs)
which: no mail in (/usr/lib/ccs:/sbin:/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/games:/usr/lib/ccs)
which: no gpm in (/usr/lib/ccs:/sbin:/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/games:/usr/lib/ccs)
which: no logwatch in (/usr/lib/ccs:/sbin:/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/games:/usr/lib/ccs)
which: no cardmgr in (/usr/lib/ccs:/sbin:/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/games:/usr/lib/ccs)
which: no anacron in (/usr/lib/ccs:/sbin:/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/games:/usr/lib/ccs)
Creating system policy.
Creating domain policy.

■TOMOYO Kernelで起動
# reboot

TOMOYO Linuxが起動します。
コレで、SlackwareのTOMOYO対応完了です。

TOMOYOの準備は完了したので、次回から実際に触っていきます。
follow me

VMwareでNICにIPアドレスが付かない

Linux - SlackwareSlackware 12.0のVMをコピーしてIP付け替えてみるとIPアドレスがeth0に付かない状況の解決方法メモ。

IPアドレスの変更は、「netconfig」でポチッっと。
次に、/etc/udev/rules.d/75-network-devices.rulesのファイルに旧MACアドレスの情報が残っているので、こいつを書き換えます。
KERNEL=="eth?", ATTR{address}=="00:0c:29:5d:3d:c0", NAME="eth0"
これを書き換えないと、IPアドレスはeth0に設定しようとしているのに、MACアドレスでは、eth1になっているなんて設定がされて、結果eth0にIPが付かない状況。。。
久々にSlackware触ると、少し違和感です。
follow me

x305で起動しない

Linux - RedHat久々にひっぱりだしたIBM x305でCentOS5をインストールしたら、GRUBからLinuxがブートできず、ひたすら悩んだらBIOSアップしたら普通に起動した。。。
自分の作成した、1CDがまずいのかと思ったらBIOSですか。。。
感覚鈍ってるな~。

エラー画面は以下

GNU GRUB  version 0.97  (0K lower / 3072K upper memory)

[ Minimal BASH-like line editing is supported.  For the first word, TAB
 lists possible command completions.  Anywhere else TAB lists the possible
 completions of a device/filename. ]

grub>

Typing anything into the grub field either showed garbage or nothing
at all, and pressing enter resulted in:

Error 28: Selected item cannot fit into memory
follow me

OSC2007/Fall

10/6のOSC2007/Fallはとりあえず行きはしたけれども。
今回は、仕事もろもろで落ち込み気味なのもありつつで、ぶらっと少し話聞くだけで済ましました。
なんとなく、仮想化が落ち着いてきた感があったのですが、普及してきたって事なんですかね~。
とくに何も貰ってないので、今回は戦利品紹介も無しで。。。

Xenは前に少し弄ったし、もぅ少しOpenVZ弄りましょうかね~。
眠ってるxSeries 305をひっぱりだしますかね。
follow me

Solaris 10 u4リリース

SolarisSolaris 10 u4がリリースされました。
ダウンロードは、まだ英語サイトのみのようですが。

今回は、「Solaris Containers for Linux Applications」が売りな様ですが、いろいろ調べていると、RedHat Enterprise Linux 3相当なんですね。
う~ん、Xenで動かした方が。。。などと思えてしまうのがなんとも。。。

しかし、Solaris上で、Linuxのアプリを動かすケースがあるのでしょうか。。。
仕事をしていてその様な想定が思いつかないのは私だけでしょうか。。。
follow me

9/6~9/7アクセス障害

9/6~9/7にsrchack.orgドメインへのアクセス障害が発生いたしました。
ご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。
これからもsrchack.orgを宜しくお願い致します。

障害原因は、ルータのハングであり、おそらくルータへの負荷増大によるものと思われます。
現在対応策として、ネットワーク構成の変更、他のルータへの交換を進めております。