follow me

Mondo Rescueでシステムバックアップ

ちと検証機を空ける為に、システムバックアップ取ったんですが。普通にdumpってのも芸が無いのでMondo Rescue使ってみました。
ディスクまるごと、MBR領域まで取ってくれるっぽいので、どんなもんかなと。。。
まぁ、実際試してみると、2時間ばかり待って(気が付いたらバックアップ終わってた)、リストア用の起動ディスクFD1枚と、DDS3のテープ1本が出来上がりました。
リストアは、いろいろ他の事で検証機使用してからって事ですが、とりあえずバックアップまでの方法をメモ。

ダウンロードしてきたrpm突っ込んで、コマンド一発で完了。
#rpm -ivh mkisofs-2.01.0.a32-0.EL3.2.i386.rpm 
#rpm -ivh afio-2.4.7-1.i386.rpm 
#rpm -ivh cdrecord-2.0-11.i386.rpm
#rpm -ivh buffer-1.19-4.i386.rpm 
#rpm -ivh mondo-2.0.9-2.rhel3.i586.rpm
#rpm -ivh mindi-1.0.9-2.rhel3.i586.rpm
#rpm -ivh mindi-kernel-1.05-254.rhel3.i386.rpm
#rpm -ivh mondo-2.0.9-2.rhel3.i586.rpm

#mondoarchive -Ot -d /dev/st0 -l GRUB -f /dev/hda -k FAILSAFE
   ・・・・・
FYI, the data disks are stored on tape/CD for your convenience.
Done.
Backup and/or verify ran to completion. Everything appears to be fine.
/root/images/mindi/mondorescue.iso, a boot/utility CD, is available if you want 
Data archived OK. 
Mondoarchive ran OK.
See /var/log/mondo-archive.log for details of backup run.
#
follow me

Slackware Linux 11.0 RC5

Linux - SlackwareSlackware Linux 11.0 RC5!!!
Slackwareに古さを感じていただけに、ちょっとうれしいニュースです。
CDimageの形での配布などは行われていないようですが、有志によって作成されたCDimageが在るようです。

早速ダウンロード、さすがに時間かかりそうだな~。連休前に気がつくべきだった。
検証機空ける為に、まずは現在のバックアップ取りますか、テープは余ってたはず。。。
follow me

Wii発売日12月2日決定

任天堂の次世代ゲーム機『Wii』25000円
別にゲーマーでもないし、ゲーム機としての興味は余り無く、IBM PowerPC使ってるのと、バーチャルコンソールって単なるソフトエミュレータ載せただけじゃないのかって所が気になるわけでして。
すでに、「Wii Linux Project」も立ち上がってるっぽいし、まぁCPUがIBM PowerPCなら移植はさほど時間がかかるとも思えないし。
ちと遊べそうな予感。

発売日と同時にLinux動いちゃったら楽しいのにな。
follow me

2006/09/10 サーバダウン障害

2006/09/10(日)13:00頃、srchack.orgサーバのダウンが発生致しました。
約15分程度ですが、接続が出来ない状況となりました。

原因は、srchack.orgサーバの管理者であるTochiroが、ブレーカーを落としてしまった事であります。
しかも、購入してきたUPSを接続する前という事で、完全にダウンしてしまう事となってしまいました。
以後、同じ様な事態が発生しないよう対策を行いたいと考えております。

現在は、復旧致しております。これからもsrchack.orgを宜しくお願いいたします。
follow me

チーミングやってみよう

WindowsIBM x305にBroadcomのNICが2個、せっかくなのでチーミングやってみました。
Broadcom社製のNICを使用してチーミングを行うには、「Broadcom Advanced Server Program」が必要との事で、Broadcom社のページをひたすら探したものの見つからず。
それぞれ、使ってるサーバのベンダーのサイトからダウンロードするしかなさそうです。

とりあえず、ダウンロードしてきたものをインストール。


どうやら、SNMPやらやらいろいろ有りますが、まぁ今回はチーミング構成だけしてみました。 インストールするとコントロールパネルにアイコンが作成されているので、ぽちっと起動。 メニューの「Tools」から「Create a Team」を選べば後はYesマンになればチーミングが構成できてしまう。




う~ん、Windowsではチーミング設定も簡単だな~。
あまりに簡単すぎて拍子抜け。。。
follow me

Borland Turboシリーズ無償版登場

Borland Turboと聞くと、MS-DOSやWindows3.1を思い出すのは自分だけでしょうか。
それはいいとして、最近、開発環境やらDBやら無償化が流行ってますね~。
LinuxだろうがWindowsだろうが簡単にプログラムが勉強出来るようになって、これからプログラミングをはじめようかという方には、いいんじゃないでしょうか。

う~ん、ダウンロード可能なのは以下の4種類か、十分だな。(アセンブラが消えてしまってるのが少しさびしい)
・Turbo Delphi
・Turbo Delphi for .NET
・Turbo C++
・Turbo C#

Borland turbo公式サイト
follow me

Windows2003 SmallBusinessServer

WindowsせっかくMSDN持ってる訳だから、Windowsもいじろうではないか。
って気分転換に「Windows2003 SmallBusinessServer」入れてみた。
実験機は、IBM xSeries 305(Pen4 2.0G)スペックはそこそこなはずが。。。
なぜかインストールに2時間。。。

時間はかかったものの、なんとかインストール完了。(時間がかかった理由がよくわからんが)
さてさて、まずはチーミングやってみよう。
次は、ActiveDirectoryとSFU使って認証サーバ作ってみよう。
Microsoft Exchange Serverってどんなもんだ。
Windows SharePoint Servicesはどうだ。
久々のWindowsは、ちょっと楽しいかもw

follow me

とあるサーバルーム、UPS追加


「とあるサーバルーム」のsrchack.orgサーバに対し、UPSを買ってきました。
しょぼい物なので、短時間の停電にしか対応出来ないかとは思いますが、気分的に設置するって感じです。

値段は4,168円。。。
自鯖管理者の方々は、この値段をどう感じるのでしょうか?
貧乏技術者の私には、これが限界的値段なのですがw。

あと、使用前に24時間以上充電した上で使用して下さいとは、とりあえず1日寝かせた後設置します。
UPS設置のため、今週どこかのタイミング(さっさと決めろよ)で、短時間ですがsrchack.orgが接続できなります。
follow me

Oracle10g Express使えるかもん

無償で使用できるOracle10g Express入れてみました。
導入は泣きたいほど簡単、rpm入れるだけ。。。勝手にoracleユーザーも作成されます。
今までOracle入れるのにちょろちょろやってた面倒な作業はまったくなし。
制限は、1CPU、メモリ1GBまで、ユーザDB 4GBってところか。遊ぶには十分。
RMANも使える?っぽいし、ホントDB初心者の自分には十分w

ちなみにインストールした環境は、CentOS4.3です。
# yum install libaio
# rpm -ivh oracle-xe-univ-10.2.0.1-1.0.i386.rpm
# rpm -ivh oracle-xe-10.2.0.1-1.0.i386.rpm
# /etc/init.d/oracle-xe configure
Oracle Database 10g Express Edition Configuration
-------------------------------------------------
・・・パスワードやら入力
/etc/init.d/oracle-xe start
あと、oracleユーザーの.bash_profile作成して、環境変数読み込むように追加。
. /usr/lib/oracle/xe/app/oracle/product/10.2.0/server/bin/oracle_env.sh
これで、幸せなOracle勉強生活の始まりw
follow me

リモートでもローカルコンソール!

Windowsリモートデスクトップでは、使用できないアプリケーションがたまに存在する。
特にVMで検証している時に、リモートで導入できないなど結構面倒である。
こんな時、以下の様にリモートデスクトップを起動すると、ローカルコンソールを開く事が出来る。
これで、リモート禁止プロダクトも怖くない。
ちなみに、ローカルで作業している人がいたら、にやり。試してみてくださいw
C:>mstsc /v:ホスト名 /console